QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
プロフィール
ラスティネイル
オーナーへメッセージ

2019年08月17日

M1854

M1854
M1854
ルフォーショーのM1854です。
名前の通り1854年に開発ということで結構古いです。
シングルアクションの軍用リボルバーです。
ルフォーショーの中でも人気の機種なのですが、
シリンダーの回らないジャンクだったので、リボルバー最安値ぐらいの値段でした。

M1854
SAA(もちろんモデルガン)と比べてシリンダーは小さいですが全体的には大きいです。
弾の径はSAAと同じですが威力が低いから薄くて華奢ですね。
とは言いつつ、基本的にサイズ感も操作感もSAAにかなり近いです。

M1854
グリップも大きいけど薄いです。
後ろから見るとルフォーショーはピンを守るためリコイルプレートが大きいのが目立ちますね。

M1854
M1854
M1854
ハーフコックもできます。
この銃のシリンダーはハンマーを起こさない限りフリーですが、
シリンダーを回すには弾のピンが引っかかるので、ハンマーが上がっていた方が装填しやすいです。
ローディングゲートは開けるためのつまみを引っ張れば勝手にロックが解除され開きます。
SAAのようなクリックのテンションによるもと開ける手間は変わりませんが、
開いた状態で保持されるテンションはかからないのが欠点でしょうか。

M1854
M1854
トリガーガードがフレーム下の蓋になっていて、グリップと一緒に外れるのはSAAに近い構成です。

M1854
リアサイトはやっぱりハンマーの溝なんですよね。
溝は丸くて、フロントサイトのポストの上に乗った丸と合わせます。

M1854
10連のダブルアクションの方が新しいですが、ずっと古いデザインに見えますね。
M1854の方も古めかしいデザインではあるのですが、
完成度が低くて古く感じるというより、現代では行わないデザイン性を重視した造形のせいでしょうね。
未だにパーカッションリボルバーは高くて買えませんが、ピンファイヤーもいい銃です。



同じカテゴリー(古式銃)の記事画像
和製リンドナーカービン
2丁目の穴照準の火縄銃
ゲベール銃
釣り人の象嵌の堺筒
刀傷?
鳶ノ尾の火縄銃
同じカテゴリー(古式銃)の記事
 和製リンドナーカービン (2019-11-21 01:34)
 2丁目の穴照準の火縄銃 (2019-08-15 03:02)
 ゲベール銃 (2019-08-14 01:59)
 釣り人の象嵌の堺筒 (2019-08-12 04:08)
 刀傷? (2019-07-12 01:54)
 鳶ノ尾の火縄銃 (2019-07-07 04:09)
Posted by ラスティネイル at 03:20│Comments(4)古式銃
この記事へのコメント
シリンダーが回るように修理可能な銃ですか?
Posted by 鉄吉鉄吉 at 2019年08月17日 11:59
すでに回るように直してあります。

このようにハンドの軸が折れていたので
https://rustynail.militaryblog.jp/e978037.html

軸を作りました。
https://rustynail.militaryblog.jp/e981142.html

部品がないとかでなくて良かったです。
Posted by ラスティネイルラスティネイル at 2019年08月17日 13:59
旋盤加工出来るとは、。本格的ですね。私は今までに火縄銃、管打ち銃の尾栓4丁分鑢で製作しました。。
Posted by 鉄吉鉄吉 at 2019年08月17日 18:19
旋盤加工も大した加工はしてないですよ。

ヤスリでネジを作るのは技術がいりますよね。
当時の物もピンキリですし。
Posted by ラスティネイルラスティネイル at 2019年08月20日 00:08
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。