QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
プロフィール
ラスティネイル
オーナーへメッセージ

2020年12月20日

ライフリングのあるパーカッションピストル





今日はしばらく前に買ったパーカッションピストルの分解をしていました。
前後のサイトとライフリングがあり、大きさも適度な扱いやすそうな銃ですが、
グリップが直角のように曲がっているので下の方は持ちにくく、
上の方は曲率が大きくて、どこを持ってもしっくりこない残念なグリップです。
構えていたら慣れるのでしょうか。
ロックはネジ一本で留まっています。


ラムロッド用の穴は斜めに開いていて、カラクリから逃げるようになっています。
拳銃ではそういうのは少なくないですが、見た目斜めなのは気になりますね。


バレルは鉄を巻いて作ってあるのが良くわかります。
薬室から銃口に向かって細くなっていき、銃口付近はちょっと広がっています。
柑子のない火縄銃と同じような形ですね。


グリップ上部にイニシャルでも入れそうな板が付いていますが、
何も打ち込まれていません。
タング部は台形になっていて、木部も合わせて削られています。
前の方はグリップに沿って面取りもされていて、やけに形が複雑です。



ニップルに下はガスからのガードが付いています。
ニップルから出たガスはハンマーの窪みで下方向に広がりますが、
これで下に行かないようになっています。
この銃はかなり出っ張っていますね。
銃を守るためなのか、手を守るためなのか。



カラクリは小さめですが特殊な構成ではないですね。
シアもブリッジにネジで固定されているのと、ストラップとタンブラーもネジ固定なぐらいでしょうか。


ネジは一本ですが、前側に引っ掛かりが設けられています。



その引っ掛かり用のアンカーがあり、そのアンカーが抜けないように上から板が差し込まれています。
簡略化でネジを一本にしたのではなく、一本で分解できるようにかデザインの問題かで手の込んだことをしています。



元が白磨きのようです。この状態だと巻いてある模様は見えませんね。
ニップルの取付部はあまり出っ張っていません。


リェージュのマークだけがそれらしい刻印でしょうか。
軍用銃みたいに数を作らないので、区別をつける必要が無かったのかもしれませんね。


バレルのテーパーがきつかったので、3Dプリンターで治具を作りました。



あんまり力も要らずに緩みました。
数週間油に浸けていた効果でしょうか。
それでも、3回転ぐらいはレンチが無ければ回せませんでしたが。
治具が変形してバレルが治具内で回っていますが、許容範囲です。


ライフリングは線のような溝がたくさんあり、山は平らです。
ミニエー以前の前装銃のライフリングは山が尖っているイメージなのですが、
これでもちゃんと回転を与えられるのでしょうか。
そのうち錆も落とさないと。


ネジの錆や汚れをある程度取った状態です。


ここまでは手で問題なく回るようになりました。
バレル端面が当たってこれ以上回らなくなったら工具で回します。
端面で気密を取るタイプの銃です。



真下にある細い締め位置のマークが合うようにしました。



ニップルも外すため、手元に合った穴の開いた真鍮に溝を入れて見たのですが、
真鍮が変形してしまってダメでした。
鉄で作らないといけないようです。
ついでにニップルを少し叩いて錆を崩しておいた方が良いかもしれません。  

Posted by ラスティネイル at 02:36Comments(0)古式銃

2020年12月11日

銘が平仮名の火縄銃


銘が平仮名の火縄銃を一丁持っています。
正直、全体の状態は見せるのが恥ずかしいほどボロですが、
平仮名で銘が切られているのが面白いので所持しています。
ゑなみやさ〇 作 というふうに読めますが、
〇の部分は読みづらくなっているのと、学の無さで読めず。
読めないのは一文字に見えるのですが、
有名な銘だと、えなみやさへえ(榎並屋佐兵衛)というの漢字でありますね。
二文字読めてないことになりますけど。


上の方は読みやすいです。



最後の作は一部鉄の地が欠損していますね。
読めないの一文字(二文字?)は一体。
榎並屋のあとが平仮名二文字だとまるで女性の名前のようですが、
女性の鉄砲鍛冶がいたとも思えず。
珍しさで価値を高めるために平仮名で近年銘を入れたには、そもそも手間をかけるほどの状態に無いです。
当時の人が遊びで平仮名にでもしたのかなとも思っています。  

Posted by ラスティネイル at 02:40Comments(3)古式銃

2020年12月06日

鉄なんて使うから・・・


カラクリが不調の短筒の調整のため、カラクリを外そうとしましたが鋲が外れませんでした。
裏からかなりガンガン叩いてもビクともせず。
良く見ると、鉄の軸の周りに真鍮の輪が付いている変な鋲です。


これは真鍮の輪で固定してるんだなと、輪を外してみました。



鉄の鋲(軸?)は頭に溝が掘ってあって、輪が抜けないようになっています。


真鍮の地板の裏側にまで錆が付いていますね。
きっと、誰かが修理で鉄の鋲でも使って、抜けなくなった後でこのような固定の仕方にしたのでしょう。
鉄同士なら錆びても割と抜けますが、木に鉄だと錆の膨張で木を広げつつ食い込んでいってしまうんですよね。
叩いたところで木は軟らかいので錆も崩れませんし、これを抜くのは骨が折れそうです。
そんなわけか、カラクリが鉄の銃でも鋲が鉄なのは見ませんね。
ネジが鉄で抜けなくなることは多々ありますが。
釘なんかだと、一度口にくわえるとすぐに錆びて抜けなくなるなんて人もいますが、
抜くことを考えていると錆は困りものです。  
タグ :火縄銃

Posted by ラスティネイル at 02:07Comments(0)古式銃