QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
ラスティネイル
オーナーへメッセージ

2018年07月07日

立体的な



和銃のカラクリに立体的な彫り物がしてあるのを見かけたので買ってみました。
切断された銃床の一部ですが。
銃としてこういうカラクリが付いているのも見かけますが、値が5倍以上になりますしね。

地金には龍が彫られています。牙、爪、髭などは色のある金属が象嵌されていますね。



撃鉄も龍の頭になっています。

管打ち式やスナイドル式、アルビニー式と実用性を求めて火縄銃から移っていった時期のものだと思うのですが、
それにこんなに凝った彫り物をしているのも不思議なものですね。



タグ :古式銃

同じカテゴリー(古式銃)の記事画像
古式銃の楽しみ
穴照準の火縄銃
ペッパーボックス
管打ち式の和銃
ミニエー弾の鋳型
エンフィールド騎兵銃
同じカテゴリー(古式銃)の記事
 古式銃の楽しみ (2018-11-02 01:33)
 穴照準の火縄銃 (2018-08-18 14:59)
 ペッパーボックス (2018-07-20 01:33)
 管打ち式の和銃 (2018-07-15 02:12)
 ミニエー弾の鋳型 (2018-07-12 00:33)
 エンフィールド騎兵銃 (2018-07-04 01:35)
Posted by ラスティネイル at 16:58│Comments(0)古式銃
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。