QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
プロフィール
ラスティネイル
オーナーへメッセージ

2013年06月27日

インチとミリ

前にエンフィールド銃を分解したときに、ロックのネジは並目のM5、ニップルは並目のM8だったので、
140年以上前に現在と同じ規格のネジが使われていたのかと驚きました。



ですが、別に部品として手に入れたネジは入りません。
ちゃんと規格があったものを使っているはずなのに、直系もピッチもちょっと大きい。



画像でも左側は谷と山が噛んでますが、ピッチが違うので右側は離れてしまいます。
なので、ちょっと大きいネジのネジを測ってみると、インチネジのNo.12とこれも現在使われている規格。
ミリのものとインチのものがあるのですね。



そうすると気になるのが、ネジだけインチとミリがあるのか、全体の設計がインチとミリがあるのか。
イギリスと言うとミリのものをインチに設計しなおしたりしていますからね。
ネジ取り付け部の部品やトリガーガードなど、その他の部品も寸法がかなり違うのようですが、
ミリでもインチでも中途半端な値なので、単に寸法が違うだけなのかもしれません。
もっと比較できる部品があればよかったのですが。




同じカテゴリー(古式銃)の記事画像
穴照準の火縄銃
ペッパーボックス
管打ち式の和銃
ミニエー弾の鋳型
立体的な
エンフィールド騎兵銃
同じカテゴリー(古式銃)の記事
 穴照準の火縄銃 (2018-08-18 14:59)
 ペッパーボックス (2018-07-20 01:33)
 管打ち式の和銃 (2018-07-15 02:12)
 ミニエー弾の鋳型 (2018-07-12 00:33)
 立体的な (2018-07-07 16:58)
 エンフィールド騎兵銃 (2018-07-04 01:35)
Posted by ラスティネイル at 01:05│Comments(0)古式銃
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。