QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
プロフィール
ラスティネイル
オーナーへメッセージ

2010年06月29日

M4/AR系特集

しばらくは買っていなかったGun誌を購入。
KSCのガスブロの記事ではなく、ちょっと開いてみたらターク高野氏のメカから考察する(パート1)が気になったので。一番勉強になったのはガスブロックを外さなくてもガスチューブが外せる、ということはバレルもそのまま外せるというのを初めて知りました。トイガンの場合は電動ガンでは無理ですが、ガスブロならひょっとして可能なのかもしれません。
ところで、ガスチューブの清掃は大変そうですが専用のブラシもあるようです。ガスチューブなんかは1000円ぐらいなので清掃ではなく交換してしまうなんていう話も聞きますが、今月のキャプテンNakai氏の「撃たずに語るな」によるとファクトリーアモだとバレルの寿命ぐらいまでメンテナンスフリーだとか。それはそこまで不思議ではないのですが、トリガー、ディスコネクター、ハンマーピンの寿命は5000発程度でボルトも5000〜7500発程度というのは信じがたいですね。正しい使い方で軍用規格でもそれならば耐久性が低すぎるのではと。正直、あんまり信用する気になれません。
ただ、ターク高野氏も必要なスペアパーツとしてエキストラクターとさらにエキストラクターとはべつにボルトグループを用意するということなので耐久性は本当に高くないのかもしれませんね。ハンマーピンも入っていますがわざわざ紛失対策と書いてあることを考えると消耗しやすいのとは別な話かもしれません。ファイヤーリングピンやバネ類に関してはM4に限らず一般的なスペアパーツですね。
実際に実銃を撃っている人でも結構バラバラのことを言うというのも事実でしょう。ターク高野氏が公的機関向けの上級訓練を取材したときに一人当たり4000発を四日間で撃つのに2000発程度撃ってからボルトとボルトキャリアー周りだけキャブレタークリーナーもしくはブレークフリーを吹き付けて何回かボルトキャリアーを往復させるだけっ大雑把なクリーニングで4000発はトラブル無しで撃てたというのも驚きですが。しかもいずれもそれまでに(部品の交換はしているでしょうが)それぞれの数万発は撃っているとか。寿命が5000発のパーツが何個もあったら4000発の間にトラブルが起きそうなものですけどね。
また、ブッシュマスター社によると日をおいて汚れが頑固にならなければクリーニングなしで5000発は撃てるとか。ミリタリースペックの表面加工によるものらしいですが、民間品と官給品で耐久性も含めてそんなに違うとも考えがたいですよね。
ところで、純正のアルミマガジンが耐久性が低く動きがスムーズじゃないという話は良く聞きますね。プラスチックのマガジンがスムーズという話も聞きますが、HKのスチールマガジンが自分としては気になります。HKは昔からマガジン作りが得意ですからね。

今月は増大号で1200円のようですが、来月からも1200円で値上となります。とりあえず、「メカから考察するパート2」に興味があるので来月号も買うと思いますが、今のところその次はからはあまり買う気も起きないです。今月号についてはM4に興味があればお勧めです。
  

Posted by ラスティネイル at 00:34Comments(2)トイガン総合