QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
プロフィール
ラスティネイル
オーナーへメッセージ

2012年01月23日

まとめ買い

今回は買い物自慢などを。ネタとしては考えずに書けるので楽なんですよね。



オークションでマガジンがまとめて出品されており、M1934のマガジンが欲しかったので購入。
モーゼルの20連マガジンもあることがわかっていたので5500円で済めば確実に安いかなと。

届いたのを開封してみると、重なっていてわからなかったもののモーゼルの20連が3本も。
全部ハドソン用ですがマルシンにも使えます。発火の調子まではわかりませんが。



M1934のマガジンも状態が良くて安心。ほとんどのマガジンは錆びも無く状態が良いです。



特別状態の悪いのもありましたが、ガバメントの実物マガジンでした。
昔はアメリカ軍から沢山放出されていたので日本でも珍しくありませんね。





ですが驚いたことにP38の実物マガジンまで。





これは戦後のマガジンですね。それでもP1ではなくP38刻印なのは嬉しいところ。
ほかにはモデルガンのガバメント、ハドソンの32オート、M1カービン用でした。

こういうこともあるのでジャンクのまとめ買いはやめられません。
ただ、ものがあまりに増えすぎますが。
マガジンだけにしても使っている銃の予備マガジンも合わせて本体に刺さっていないマガジンが100本どころではなくあるはず。
まあ、マガジンに関しては絶対に使わないような物をイベントでエアガンと電動ガンは1本500円、ガスガンとモデルガンは1本千円、といった風に売って大分減らせているのはイベントのおかげ。
モデルガンの希少で高価なマガジンなんかは置いておいても売れないので持っていきませんが。  
タグ :モデルガン

Posted by ラスティネイル at 00:30Comments(0)トイガン総合

2012年01月19日

ガスブロ化キット

珍しく新製品のインプレなど。
GHKの電動ガンをガスブロにするキットです。
電動ガンを簡単にガスブロ化できるなんて夢のあるキットを知って大変期待したため、WAのが三本あるM4用は要らないのですが試しに購入。



ガスブロ化用のメカボックス、マガジン、チャンバー、ストックやセレクター用小物パーツが入っています。
取り説も丁寧で各社フレームに合わせた加工法が書いてあったり。
マガジンがロアフレームを完全に通らないといけないのでマルイのA2フレームなんかは大きな加工がいります。



上下別々にフレームに組み込みます。



トリガーメカはM4のものと同じセミオートのメカですがオートシアは前方に。



シリンダーはまあまあ大きめです。
ピストンの位置は完全に固定です。

ガスを入れてみると漏れます。
海外製だから仕方が無いかと思いつつメカボックスに直接当てて引き金を引いてみるとガスが出ない。
たまにポンって音はしますがほとんどバルブを叩けていません。
期待していただけに投げてしまいたくなりますが、きっと打撃力不足なだけだろうと手を加えます。



ハンマースプリングが弱いかハンマー重量不足か。
とりあえず、スプリングの下側を曲げてみたもののあまり意味は無く。
過ぎに上側をコの字にしてみます。
そうするとブシューとガスを思いっきり噴出したもののボルトは微動だにせず。
これ、本当に動くのでしょうか?
本当に投げ捨てたくなりますが、全体的にスムーズな動きではありません。
特にボルトの動き出しが。



よく見てみるとハンマー上部がボルトに当たっています。
しかも、完全に倒れている状態より少し起き上がり始めのほうが上端の位置が上がります。
剛体だったら絶対に動かないレベルですね。干渉量が1mm以上です。
これは打撃力も損失させていたようです。



というわけでハンマーの当たる部分を削ります。前方(左側)が短くて丸くなっているのがわかるでしょうか。
これでやっと動くようになりましたが、まだ不安定です。
そしてハンマースプリングが強すぎるようです。弱く戻していくとノーマルより若干強いぐらいがいいのかもしれません。



電動ガン用フレームに電動ガンのシリンダーと変らない太さのボルトのため、ボルトカバーがない分フレームと隙間が出来ます。見る角度によって非常に残念。



角度によってはあまり気になりませんが、位置が若干低いような。


不安定ですが一応動くようになった動画です。
電動ガンのフレームにちゃんと組み込んだらもっとよく動くかもしれません。
特にガタのあるフレームだと調子よくなりそうです。

バルブロックが無く、ボルトが数ミリ下がるとバルブが閉じてしまうのも不安定さの原因でしょう。
もっと高圧なガスなら問題ないのかもしれません。
ハンマーとボルトの当たるところを削って、ボルト後退時のハンマーの起きはじめるタイミングを遅くすると良いかもしれません。
それに全体的にも抵抗が大きすぎます。



発射機能としてはほとんど完結していて、チャンバーパッキンとインナーバレルがあれば撃てます。
また、弾切れになるとフロアーにノズルが当たって止まりますし、空撃ちモードもついています。
何回もガスを入れていたらガス漏れも直りました。

G3に組み込めたらいいなと思ったのですが、考えてみたらメカボックスは入ってもマガジンの位置が全然違いますね。
どうせならガスブロの出ていない機種用を出して欲しいところ。  

Posted by ラスティネイル at 23:30Comments(2)カスタム・製作

2012年01月09日

今年も

更新をサボり続けていますが、書く内容もまとまらないので最近買ったものなど。









出来は良くないですが雰囲気は良いです。
古い銃だけに手作り感が合っているのかもしれません。
ハンマーとシアが連動しているだけでもなぜか嬉しいものです。




タナカのM4505。実銃は新しいですが古いガスブローバックなので出来はイマイチ。
それでもS&Wオートは良いです。

ブラックホールにも行ってきましたが買い物は・・・仕方がないですね。
マルイのシリーズ70を見てきました。サイドブルー風になっているのはなかなか。
塗装でブルーイングを表現したものの中では出来が良いと思いますが、表面仕上げは好みの問題が大きいので他の人はそう思わないかもしれませんね。
ただ、ハンマーのサイドポリッシュがヌルっとした感じでした。
亜鉛は曇りやすいですからクリアーを塗っているそうです。
ミリガバと違って使いやすいよう外観に手を加えても違和感が無いのが良いですね。
1丁欲しいところ。

今年も方向性が定まらないまま、でも時にはやたら深い内容で更新していけたらと思います。  

Posted by ラスティネイル at 02:37Comments(0)トイガン総合