QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
プロフィール
ラスティネイル
オーナーへメッセージ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2015年12月27日

M1100マウントベース



M870およびM1100用らしきマウントを格安で購入。
しかし、よく見たら左利き用でした。
M870では関係ないのでが、M1100ではコッキングレバー用の切欠きが必用です。
まあ、右側にも切り欠きをつければいいだけで、今は最初から両方に付いているのが売っているようです。




マウントはアルミ製なのですが、ネジ部はラグを兼ねたスチールのインサートが入っています。
こういうところに手間をかけているとは。  

Posted by ラスティネイル at 01:17Comments(0)アクセサリー

2015年04月14日

変わったスコープ

変わったものを見ると、とりあえず手に取ってみたくなってしまいます。

変なスコープです。

ハッコー製。

対物レンズのところに調整のダイヤルと端子があります。


なんとレーザー一体型。
レーザー付きのスコープは他にもありますが、ここまで同化させる必要はなかったのでは。
対物レンズが凄く小さくなってしまってます。
他が作るならとにかく、スコープメーカーなのにそこは妥協して良かったのか。

リモートスイッチを繋ぐためのような端子はありますが、
リモートスイッチがないのでこのままでは使えません。
短絡させてレーザーが出ることは確認しましたが。
ちょっと細めのレーザーな感じがしましたね。
ちゃんと確認していないので気のせいかもしれませんが。  

Posted by ラスティネイル at 01:38Comments(2)アクセサリー

2010年08月17日

バイポット



ハリスのバイポットを買ったのでM70に取り付けてみました。


ストックにあるスイベルなどを取り付けるアダプターを


バイポットにあるパーツで挟んで


裏からネジで密着させます。


これで取り付け完了です。
バイポットのストックと当たる部分には柔らかいものがあるのでストックに傷は付きません。ボルトアクションライフルに特別な加工なく簡単にストックを取り付けられます。

バイポットの作りは軽量ながらしっかりしています。大きな引きバネでバイポットは起こしたり畳んだり固定されます。
基本的に回転も全くしない射撃時は固定された状態のバイポットですが、前には動くので反動で銃が後退しても大丈夫そうです。先端が地面にかたく固定されることもあまりなさそうですが、バネのテンションをかけた固定方法は理にかなっているのかもしれません。
段階的に伸縮して長さは選べますが最大まで伸ばすことはないような。状況に合わせて長さを変えられるのは大事ですね。回転が全くしないため不整地や動く目標には使いにくいかもしれません。逆に整った環境では使いやすいかもしれないので悪くないですが。でも、今回はそれ欠点となりました。左に大きく傾いているのです。
傾くというのは銃かバイポットがおかしいのですが、以前に記事を書いたように残念なストックhttp://rustynail.militaryblog.jp/e117245.htmlのためストックを疑います。木製品のため外形が多少歪なのかなと。それにしても傾きがあまりに大きいのですが。
バイポットを取り外してみるとストックにあるアダプターが目で見てわかるほど下から見て右にズレていて・・・1mm程度でしょうか。そんなくだらない理由でという感じですね。考えてみれば外形はデータかマスターに合わせて動くもので加工しているでしょうからそんなに誤差が出る可能性もありませんね。
ストックとバイポットの当たる部分の左側に厚さ2mm程度のものを挟めば水平になりますが、少し気分が悪いです。  

Posted by ラスティネイル at 21:17Comments(0)アクセサリー

2010年08月11日

ナイトビジョン

最近はナイトビジョンが流行っているようで興味が出てきたので買ってみました。
とは言っても性能より見た目を重視して一昔前の映画によく出てきたようなビノキュラータイプです。
そんなにお金もありませんしね。
でも見た目だけならなかなかじゃありませんか?

第一世代は噂通り本当に暗いところでは見えませんね。
でも赤外線はちゃんと捉えるのでIRイルミネーターとセットなら遊び程度にはなるでしょうか。
IRイルミネーターを買ってみようかと思いつつ、どうせ使い道はないのが悩みどころ。  

Posted by ラスティネイル at 22:38Comments(0)アクセサリー

2010年03月17日

なんとなく

調整ノブが面白かったのでメーカー不明のドットサイトを買ってみました。ノブがまるでスコープのようですよね。どこまで必要性はとにかく、メモリは無いよりあった方が便利なはずです。他のドットサイトでも採用しても良いのではないかと思います。点灯不可の1000円だったのですが、このタイプによくある単なる接点不良なため直ぐに直りました。
ノブは立派ですが高級なものでは無さそうです。ハッコーのドットサイトに近い作りで最近多いノーブランドの変なものと比べればかなり良い作りで信頼性もまあまあありそう(接点不良になっていましたが)なものの、覗くと色はかなり青かったり、輝度が最弱と最強であまり変わらなかったり。
ハッコー製の安いモデルかとも思うのですが、こんなに青いのは見たことないような。色の変化が感じられず明るいドットサイトを使ったことがあると青く見えるサイトは使いたくなくなりますね。青く見える方がドットサイトらしくて好きという人もいるようですけれど。
とりあえず、ノブは非常に気に入っています。
  

Posted by ラスティネイル at 01:45Comments(0)アクセサリー

2009年08月07日

MSR-1

APSサマーフェスタではマルゼンがドットサイト三種類(ACOGタイプ、エイムポイントタイプ、レティクル四種類切り替えのオープンドットサイト)とスコープ一種類(MSR-1)のB級品をそれぞれ3000円と安く売っていました。
MSR-1を買ったのでスコープは専門外ですが軽くインプレを。




仕様は4-16×40でフロントフォーカスのクロスヘアです。
対物レンズは40mmですがチューブは50mm用近くあります。
こんな風になっているのは初めて見ましたがメリットはあるのでしょうか。
まさか、外観で対物レンズを大きく見せるためなんてことはないですよね。
銃によっては載せにくくなりますので不満なところ。
フロントフォースは回しやすくなるかもしれません。




購入理由はフロントフォーカスがついていることと、
トイガン用でフォーカスのメモリは10mからある(約4mから使えるなんて書いてもありますが)ことです。
やっぱり近距離で使ったり多少離れることもあると考えるとこういう機能は嬉しいですね。
それで実際に使ってみましたが5mでも4倍ならレティクルが見えるもののやはり使いやすくはないです。
倍率を上げるには離れないと駄目ですね。
それでもよくあるスコープと比べるとやはり使いやすいでしょうか。

うちにあるシモンズの3-9×40はフォーカスがついていないものの対物レンズを前の方に移動させて、
5mなら8倍まで、3倍なら3mでも使える代わりに20m離れると使えない極端な仕様ですが室内では使いやすいですね。
MSR-1で同じことをやればフォーカスがついているだけに長距離も対応して良いかもしれませんが、
せっかくフォーカスの対応する距離が目盛りで書いてあるのに狂わせるのは勿体無いです。
ちなみに、あんまり良いスコープでもネジロックが強固過ぎて出来ない方法です。

最近は安いスコープがたくさんありますが、これもまたコストパフォーマンスの良いスコープだと思います。
倍率の範囲もトイガンには使いやすいですしね。
特別良いということもないかもしれませんがマルゼンのものなので安心でしょうか。  

Posted by ラスティネイル at 01:42Comments(0)アクセサリー

2009年07月21日

フラッシュライト

レール付の銃は嫌いだけど、どうせレールがあるなら何か付けてみたいと思っていました。
まあ、レーザーとマグライトは付けれるマウントがありますがイマイチでパッとしない。
世の中にはフラッシュライトと呼ばれるものはあるけど、基本的に高い懐中電灯にしか見えません。
コピー等の安いやつはそれはそれで中途半端に思えましたし。
そんな状態でゲームもやらないのでライトについては全然知らなかったのですが、
中古屋でM3というよく聞く名前のライトが非常に安かったので、
この形ならコピーだったとしともいいかなと購入。
フラッシュライトを買うのは初めてです。

帰ってから調べるとM3と言ってもよく聞くシュアファイアーのものとは全く違うとようやく気付きました。
というより気付かないのがおかしいぐらい別物ですね、これ。
でも一応これはこれで有名なM3なようです。
見た目が同じコピーを見付けられなかったので、本物だったりしてと思いつつ、もともとが知識量0なので判断できないですね。
まあ、見た目から考えると本物だとしても原価は高くなさそうです。

プラスチックで安っぽく、頼りないほど軽く、防水も全くですがグロックには妙に似合いますね。
飾りとしておけば電池が無くても構わないと思っていましたが、
やはり明るさぐらいは確かめてみたくなってきました。
夏は釣りのシーズンですし、使える明るさがあれば役に立つかもしれません。
  

Posted by ラスティネイル at 21:13Comments(0)アクセサリー

2009年03月10日

バイポット




ビクトリーショーでMGCの樹脂製バイポットを入手。
確か10/20用なのでつけてみました。






良くも悪くもないような感じです。
やはりブラックパンサーの方が良さそうですね。
バレルが細いものなら何でも挟むだけで付けれるのでM653に付けてみました。






戦闘的な外見ですので良くなったような気もします。
バイポットが大きすぎるのが問題なような気がします。






むしろこれは別な銃のような感じです。
大きなボックスマガジンもつけたら一瞬この銃がなんだかわからないかもしれません。
つけようと思えば拳銃にも付けれますが流石にやめておきました。

長さが調整できなかったり、畳めない(外すことになる)と実用性は疑問ですが、
これほど手軽なバイポットもなかなかなさそうです。
  

Posted by ラスティネイル at 21:07Comments(0)アクセサリー

2008年05月09日

マイクロポイントの中身



中身はたったのこれだけ。
左の基盤と右のダイオード部分です。
左側の基盤からちょこんとと出ているのがフォトセンサーです。
黒いゴムみたい接着剤が塗られ金属製の本体と絶縁しているのですが、
一つの個体はそれが不十分でショートしていましたよ。
それでフォトセンサーは全く反応せず、電源は切れない状態になっていました。

また、このフォトセンサーで周囲の明るさによりドットの輝度を変えるのですが、
電球はとにかく蛍光灯は点滅するからかドットが暗くなります。
では昼間なら大丈夫かというと明るすぎてドットが見えません。
蛍光灯の部屋か曇りの日にしか使えないのでしょうか。
周囲の明るさとドットの輝度のバランスを調整しても電球と蛍光灯の差はなくせないはずですから、
手動で調整できた方がいいのではないかと思います。




このように入っていますが、電池との接点を磨くとドットの明るさは少しはマシになります。
ドットの位置がズレていて狙点の調整範囲が狭いため調整が出来なかったので、
一部を削って調整範囲を広げてあります。
こういうことはB級品だから遠慮なくできますね。  

Posted by ラスティネイル at 18:47Comments(0)アクセサリー

2008年05月08日

マイクロポイント



タスコのマイクロポイントのB級品をブラックホールで手に入れました。
安くて数も多かったので他にも結構な方が買ったのでは。
もう生産されていませんがノーベルアームズがコピーを出していますね。

比較はワルサーのものとですがやはり小さいです。
レール用のマウントに載っていますが、
この下の部分を取って小さなマウントにすると更に小さくなりますね。
小さい割には金属製なのでズッシリした感じがします。
スライドに載せたくて欲しかったのですが、
重いですし耐久性や精度がかなり心配なところです。
オプティマでも買えればいいのですが値段からして手が出せません。

レンズも小さいですし湾曲が大きいので、
見やすくはなくレンズを通してみたものが覗く角度によってかなりズレます。
なぜかワルサーのドットサイトが使いやすくコストパフォーマンスも優れているように思えてきましたが、
どうしても小さなサイズが欲しかったのでそれだけで大きな価値がありますね。

B級品だけに不具合もあり、改善していっているのでそれもまた。  

Posted by ラスティネイル at 23:00Comments(2)アクセサリー