QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
プロフィール
ラスティネイル
オーナーへメッセージ

2012年09月09日

スロー映像

お久しぶりです。
買ったカメラで試しに撮ったものをアップしてみます。

40mmガスグレネードで60発のものを撮影してみました。
最初は揃っているのに、途中から急に広がります。
弾同士が衝突しているのでしょうか。
長い砲身のランチャーだと中で当たっているかもしれませんね。





マルイのエアコキガバの発射の様子も撮影してみました。
スライドを外していたのでピストンの動きが見えます。
また、スプリングは10歳以上用程度のものにしてあります。
映像が悪くて見にくいですが、ピストンが前進しきってから弾が出てます。
まあ、このシリンダー容量とバレル長からしたら当然でしょうか。
次は電動ガンやシリンダー容量の大きなSS9000あたりで撮影してみたいですね。

1000fpsなのでシャッタ速度が速く、かなり暗くなります。
それでもカメラの液晶だと普通に見えるように撮るのですが、
なぜかパソコンに取り入れると真っ暗になってしまいます。
太陽光が直接当っているぐらいの明るさがあった方が良さそうです。
また、シャッター速度が速いといっても弾はブレてしまいますね。
目印をつけても弾の回転を見るのは無理そうです。
暗さやシャッタスピード、画素数等は諦めるしかないのですが。  

Posted by ラスティネイル at 21:39Comments(11)理論・実験

2012年02月05日

理想のスプリングガイド

久々に精密射撃関連の理論的なことでも書いてみようと思います。
もはや、精密射撃関係に期待してここを見ている人もいないでしょうけれど。

エアコッキングガンでのスプリングガイドはスプリングの伸縮のスムーズさを左右する大事なもので、太さを気にする方は多いでしょう。今回は他の部品との位置関係について。



まず、これは理想的だと思えるスプリングガイドです。
スプリングガイドとピストンがスプリングを介さないで当たっています。噛みあっていると言ってもいいかもしれません。



これはよくあるスプリングガイドで、ピストンが傾いてしまっています。シアによって力がかかるとピストン後部は持ち上げられやすいですし。そうでなくても前進を阻むのが下側だけなので傾きます。コッキングするときよりも戻す時の方が抵抗があり重いものはその影響です。
力がかかり抵抗があるということは部品の消耗を招き、シリンダー内面を傷付けますし、ピストンの毎回均等な解放や真っ直ぐな前進を妨げることになります。気密や前進速度への悪影響ですね。
そこで、理想的なスプリングガイドとしては、シリンダーに頼らずピストンを支えられるものだと考えます。後ろ側はピストン後部が上がるのを押さえ、前側もピストンが下がるのを押さえる。実際は後ろ側だけでも効果がかなりあると思います。直接スプリングガイドとピストンが当たらずともスプリングを介して固定できるかもしれませんが、あまりタイトにするとスムーズでなくなるでしょうね。
また、スプリングガイド自体が傾いても問題なのでスプリングガイドとシリンダーセットピンの関係、もしくはシリンダーセットピンやそれを支えるフレームの剛性確保やガタを無くすことも重要となります。

操作の滑らかさは初速の安定性や消耗しやすさを確認するうえでも重要だということですね。ちなみに、マルイの電動ガンはスプリングガイドがしっかり固定されていますが、そうでなくてもピストンがメカボックスンのレールの上をスムーズに動きますし、ピストンリングも寸法に余裕があるので上下左右動いてシリンダーの位置に合わせられます。こんなところでもマルイの電動ガンが優秀な理由があるわけです。
電動ガンに限らず、マルイの新しいエアコキハンドガンはシリンダーがなくてもピストンをコッキング状態で保持出来ますので、やはりシリンダーには頼っていないようです。

この理想的なスプリングガイドの面白いところは、コッキングされることによりピストンが固定されるので、コッキング中よりもコッキング後の方がボルト(シリンダー)がスムーズに動くことです。
逆に言うとコッキングするとボルトの動きが悪くなるようなものは駄目です。  

Posted by ラスティネイル at 01:30Comments(23)理論・実験

2011年10月15日

ホロサイトの故障




ホロサイトは使っているとレンズの端の方にレティクルが映らなくなっていくという話があります。
自分は放出品を買ったので使用されていたものなのですが、端の方が映らない時がありました。
これを横から叩くようにすると直ったり酷くなったりしました。
実はこれがホロサイトを分解してみた理由でした。



この画像の真ん中のレーザーが出てくるところが怪しいと考えました。ゴミやささくれがあるのではないかと。
実際によく見てみると銀色の部分の中に割れて破片みたいなものがありました。



苦労して取り出したものがこれです。レーザー部のカバーですね。レンズとしての機能はなさそうです。
真ん中部分は透明なガラスですが、周りは鏡のようになっています。きっとこれが動くようになって鏡になっている部分がレーザーの邪魔をするとレンズの端の方では映らないと。
もし、レティクルの映らない部分があて横から叩いて変化すらならそれが原因であっていると思います。自分のものは割れていたので動く範囲が大きくて、かなりの範囲を隠す場合があると。割れた物を取り出したら問題なく使えるようになりました。動いてるだけなら接着などで直るかもしれませんね。  
タグ :ホロサイト

Posted by ラスティネイル at 00:40Comments(0)理論・実験

2011年10月12日

ホロサイトの構造を考える

ホロサイトの視差を無くす仕組みがホログラムによるものなのか調べようと実験してみました。
以前、ホログラムのようだと書いた部分とレーザーを外して白熱球(インサイトのM3の球むき出し)に置き換えました。

何故か赤くなっています。当然理由はあってホログラムだと思っていたところはただの鏡で、残っていたホログラムで白熱球の光の中から記録された光(レーザーの波長)だけを取り出しているようです。実際のホログラムは下側前方にあった大きな板のようです。白熱球でも位置や強さを調整すればレティクルも見えました。レーザーと同じ波長しか使わないので無駄が多いですけれどね。
本物のホログラム方は外すのが大変ですし、ただの板に置き換えてみるという方法もありますがホログラムをなくしてみるのは諦めます。でも、視差を無くす仕組みはドットサイト同様レンズによるものの気がするんですよね。もうちょっと考えています。

おまけでいくつか。



輝度が高いと前方からでもレティクルが見えます。



ただし、普通に覗いてこんな感じになるぐらいの強さの場合ですので問題はありません。


また、暗いところでは後ろ側から光が出ているのがわかります。これは15cm離れた壁に接眼レンズ形状に映ったもの。



そして3.5m離れた壁に映すとレティクル形状に。もっと離れたら綺麗な形状になるのかもしれませんが、レーザーとはいえ見えなくなりそうです。65MOAなのかと思ったらその半分ぐらいでした。

次回は端の方でレティクルの映らなくなる問題についてにします。  
タグ :ホロサイト

Posted by ラスティネイル at 00:34Comments(0)理論・実験

2010年07月08日

弾ポロの原因



WAM4といえば弾ポロが起きることが欠点の一つとされています。
前から気になってはいるのですがうちのは旧型チャンバーは全然大丈夫ですね。
構造的にはブルズアイバレルの方が弾ポロしやすいのではないかと思っていましたが、実際は旧型の方がしやすいみたいです。
そのうちマルイ式にしたいのでその時は起こらないかはわかりませんね。

弾ポロというのは弾の保持位置が前過ぎて弾がフローティングバルブを押せないため発射側にガスがあまり出ないことで起こります。
弾ポロ対策としてはマルイの電動用パッキンを使う社外製チャンバーに硬めのカスタムパッキンを使うとか、
ノズル内のパーツを組み替えてマグナでなく負圧式にするとかしているみたいですね。
特に負圧化は弾の位置に関係なくガスがバレル側に回るので有効ですがリコイルが弱くなるとかならないとか。

弾の保持位置が前過ぎてしまうのは単に弾の前進速度が速すぎるということではなく、ノズルがシリンダー(ボルトキャリアー)に完全に戻っていないとピストンによる圧縮で空気が弾を押し出してしまうという説があります。
または空気圧でフローティングバルブが前に固定されてしまっているためというのは考えられるかもしれません。
どちらもノズルがスムーズにシリンダー内に戻るようになっていれば起こらないはずです。

もしくは、チャンバー内にノズルが入っていくとノズルの体積分だけ空気が圧縮されるので、という可能性わずかに考えられますがあまりないでしょうね。
マガジンのパッキンが傾斜していて完全に閉鎖した時のみ気密が保たれる機種だと起こりにくそうですがそういう改良は難しいですね。

閉鎖不良でノズルが前進しきっていないためにフローティングバルブが弾に当たらないこともあるかもしれません。
もしくはボルトキャリアーは前進しきっていてもノズルが前進しきらないという可能性もあります。
普段は勢いでノズルも前進しきるのがたまにそうならないと。

実験としてうちの個体で弾ポロが起こせないか確かめてみました。
ホップは最小にしてノズルは前進してる状態でマガジンからガスが入るルートを塞いでボルトキャリアーを前進させ空気を送ってみたり、ノズルもちょっと下がっている状態からガスルートを塞いで勢いよくボルトキャリアーを前進させてみたり。
結果として弾ポロは起こせませんでした。
起こらない個体は起こりにくいのか。単にうちの個体はピストンの気密が悪すぎる(ボルトキャリアーが安物社外品)のか。
これからマルイ式パッキンのチャンバーを使ってみてどうなるかです。  

Posted by ラスティネイル at 00:34Comments(0)理論・実験

2010年04月30日

ドットサイトの勘違い



ドットサイトを通してアイアンサイトを使えるようにドットサイトを載せるとピープサイトを通して見るとフロントサイトがドットと重なり狙いにくいと言う話があります。それでドットサイトをハイマウントにしてもフロントサイトと重なってしまう。アイアンサイトとドットサイトの軸が違う位置でも関係なく。どうすれば解決するのか。
実を言うとこれは当然です。まともなドットサイトならすべてこうなります。どこから覗いてもドットと的が重なれば当たるのがドットサイトですから、仮にフロントサイトと重ならないとして、弾はドットの方向に飛んでいくのかフロントサイトの方向に飛んでいくのかわかりません。
もし、フロントサイトと重なるのが嫌ならば折りたたみ式にするか、ピープサイトではなく拳銃のようなオープンサイトならばアイアンサイトより上の位置で狙うことも出来ますね。またはG3やMP5のように二段式にするかです。

絶対に重なるかと言うとアイアンサイトが六時照準のときはフロントサイトの上にドットが載ります。正照準のときはドットの半分がフロントサイトと重なります。応用するとアイアンサイトが調整されていれば、ドットサイトを初めて載せたときはリアサイトを通してドットがフロントサイトと半分重なるようにすれば調整完了となります。逆にドットサイトを搭載している銃に後からアイアンサイトを載せる場合も可能です。

ちなみに、画像は撮影のために載せたドットサイトで普段載せているものではありません。自分はアイアンサイトが見えなくなっても、ハイマウントでも邪魔なものがないのが好きですね。ドットサイトが壊れたら外すことにします。  

Posted by ラスティネイル at 23:07Comments(0)理論・実験

2009年08月28日

ノンホップでの飛距離

ノンホップのエアガンの飛距離はどれぐらいだと思いますか?
15mまでしか使えない、というような話を聞くことさえあるぐらいですが、
自分は少なくとも25mは大丈夫という程度の認識だったので実験してみました。

実験方法は流れのない穏やかな池のような水面への着弾点を、陸地の部分で平行に測りました。
風が少ない朝方ということで午前5:30に実験です。
使用銃は0.8jぐらいのものを使いたかったのですが、APS-3を持って行く気にはならなく、他にパワーのあり命中率もある程度いいものがなかったのでWAのショーティ40です。
もちろん、ノンホップ(固定スライド)で0.4jぐらいです。
命中率が悪いようなものはホップと同じ向きに回転がかかる可能性がありますが、
この銃はよく当たるので問題ないでしょう。
0.25g弾を使うと20度ぐらいで30m、30度ぐらいで40mに届くかどうかといったところ。
おおよそが知りたかっただけなのであんまり厳密には測っていません。
それ以上は確認出来なかったのですが、0.8jあったら50mいくか、やはり難しいかといったところかと予想します。

30mまではノンホップの銃でも命中率さえ良ければ問題なさそうですね。
角度をつけることに慣れている人ならば。
次は30mでの命中率も測ってみたいですね。
やるならやはりAPS-3となります。
  

Posted by ラスティネイル at 01:26Comments(0)理論・実験

2009年01月20日

距離と弾速

距離と弾速の関係の図です。
上から0.2g(赤線)、0.25g(緑線)、0.3g(青線)となっています。
揃えるためにどれも1jになる初速から始まっています。
実際に1jなら違法ですが、図の線を延長しているだけですよ。
線が汚いですが、これは自在定規で上手く描けなかったために何本か鉛筆で引いた後にボールペンで良さそうな部分部分をなぞったため。

図の見方としては、例えば0.2gで初速90m/sの銃でマズルから20mの弾速が知りたい場合は、
図で90m/sの時の距離に20m足した部分の弾速を見ます。
また、ホップ付きの銃でのデータを参考にしているため、ノンホップとは違うはずです。
どの程度違うかはわかりませんが、弾が回転している方が小さい空気抵抗になるんですよね。
まあ、ホップ付きのデータの方が必要とする人も多いのかな。
当然ながら弾の表面仕上げや直径と重さの誤差も影響しますし、
そもそも適当なグラフなんですけど。
この画像ではマス目も読めませんしね。
画像は時間がある時にもっと見やすいものをアップするかもしれません。

初速を変える場合、初速の低い銃では高い銃よりも全体の弾速に差が出るようです。
初速の増減の割合以上に。
逆に0.2gを使う場合は初速90m/s(約0.81j)を95m/s(約0.90j)にしたところで、
1.75mも進めば弾速は同じとなり、飛距離の差はそれよりも小さくなるわけです。
規制値ギリギリにしてもあまりメリットはなく、規制値を超えるリスクが増えるばかりと。

また、弾速の速さの順が途中で入れ替わっているのがわかります。
もし、このグラムをエネルギーj対距離のグラフにすると、
最初はどれも1jなので一点から始まって分かれていくようになります。
エネルギーは弾速の二乗に関係するので変化はもっと大きくなるのでしょう。
  

Posted by ラスティネイル at 15:09Comments(0)理論・実験

2009年01月19日

距離とグルーピング

距離とグルーピングと弾の重さについて計算で考えてみます。
ただし、重力は考えません。
その他もかなり単純化して仮定しています。

まず、集弾性の悪くなる原因を撃ち出される角度によるもの(aとします)と、不規則な回転により曲がるもの(bとします)の2つと考えます。
角度によるものは距離と広がり方が比例するので簡単ですね。

不規則な回転によるものは弾に一定の力が働き加速されると仮定すると、
時間の二乗と比例して広がることになります。
弾速が一定のならば距離と時間は比例しますが、実際には弾速は低くなっていきます。
では、距離に対して時間が大きくなると、より曲がるかと言うとそうはなりません。
回転してる弾が進むことで力が発生するのですから。
そこで、都合良くするために距離あたりの力が一定と考えます。
実際にこんな単純になるずはないのですが。
弾の回転も空気抵抗で遅くなりますし、弾の飛ぶ速さが下がれば距離あたりの回転数は上がります。
とにかく、単純化して距離あたりの力が一定、要するに距離の二乗に比例してグルーピングが大きくなるとします。

APS-3について考えてみます。
重力がないということで、横方向のグルーピングを考えるようなものですね。
距離と広がり関係を画像の図とします。
ただ、a=bというのは間違っていますね。
ちょうどそうなっている場合を書いただけで、本当なら赤線(グルーピング)は緑線(角度)と青線(曲がり)を合わせたものとだけわかって戴ければ十分です。
例えば、0.29gでの場合から考えて5mで10mmで10mで30mmのグルーピングだとすると、a+b=10、2a+4b=30でa=b=5となります。
まあ、これは若干良すぎる数値で、自分の経験で考える数値を例2として、
5mで13mmで10mで40mmのグルーピングだとすると、a+b=13、2a+4b=40でa=6、b=7となります。
ここで弾を0.29gと同じ精度で0.25gした場合を考えます。
角度によるものは変わらないのですが、弾が軽くなると曲がりやすいです。
重さが25/29なら広がりはその逆数で29/25倍となり、
10mで例1なら3mm強、例2なら4.5mm弱広がることになります。
ついでに0.2gなら9mmと12.6mmです。

確実に悪くはなっているものの、割合からするとあまり大きくないというのが自分の感想ですね。
実際には弾の精度の問題がかなり大きいのですが。
軽い弾のメリットは落差の小ささとコストぐらいでしょうか。
あとは銃身から早く出ることぐらい。

あまり役に立たない話ですが、もう何回か似たようなことを書きます。
そちらの方が多少は面白い内容になるかもしれませんが、
さらに長文となりそうで書くのも大変そうです。
  

Posted by ラスティネイル at 00:37Comments(0)理論・実験

2008年04月10日

ボールベアリング

ボールベアリングというのは抵抗をとても小さくしてくれる部品です。
それがどのような原理で抵抗が小さいのかを考えてみます。

まず、抵抗というのは摩擦によるものが大きいです。
滑らかなものほど摩擦は小さく、ザラザラなのは摩擦が大きいというのが普通です。
本当は滑らかな面が密着する時にも摩擦は大きいのですが、とにかく物体同士を滑らせると抵抗があります。
物質や仕上げにより摩擦定数は同じで強い力で当たるほど摩擦が大きくなります。
なので、動くものにはクリアランスが必要となるわけです。
そもそも小さな穴にそれより太いピンは入らないような部分もありますが。

ボールベアリング等の転がり抵抗というのは部品同士が滑る必要がありません。
2つの物体の間で回転することで物質(ボールベアリング含む)同士は全く滑らなくてもスムーズに動きます。
実際にはボールベアリングの位置を整える部品との摩擦があるのですがここでは無視することにします。
滑る必要がないということは摩擦がいくらあっても抵抗にはならないので強い力で当たっていても抵抗は増えません。
なので単にスムーズに動かすだけでなくガタを無くし、最初から圧力をかけておくこともでします。
転がり抵抗は精度まで上げることができるわけです。

ところが、実際は部品の精度の悪さや変形による抵抗も起きます。
ボールベアリングがスムーズに回転にしなかったり物体が凸凹ならば当然抵抗になりますし、
剛性がなければ変形させながら動くので変形させる力が必要となります。
ここがトイガンのレール等にボールベアリング等を使おうとした時に問題になってくるのではないかと思います。
精度とスムーズさを発揮するためにこだわればの話ですけどね。
  

Posted by ラスティネイル at 00:40Comments(0)理論・実験

2008年03月05日

やはり横はまとまりやすい




前の実験専用銃に130mmの6.03mmのノンホップバレルを載せて撃ってみました。
5mからマキシBB0.25gを5発ずつ体育座りで膝にレストです。

予想以上に縦に散ったので3グループしか測りませんでしたが、
縦と横の広がりを左上から時計周りに書くと34.5mmと7.5mm、29.5mmと10mm、21.7mmと9mmとなりました。
縦に散ったのは何故だかわかりませんが横にはまとまりました。
散ったといってもこの銃でならいい結果でしょうけれど。
今回は真剣に測定する前の様子見だったので、錘を抜いた(他に使った)ので軽くてブレたり狙いが定まらなくてもそのまま撃ちましたが、
横にはやはりまとまりましたね。
平均すると9mm以下ですから条件を良くすれば5mmにはならなくてもそれに近くはなるはずです。
実は撃ち終わった後に確認したらインナーバレルに左右のガタが多少あり驚きました。
横に関してはまとめる目処が立ってきたように思えますが縦はなかなかまとまる気配がありません。
どの銃でも縦に散るのは単純に自分の撃ち方の問題かもしれませんが。

それにしても、こんないい加減な銃でもこれだけ当たるのに、
高精度で剛性もあるパーツで組み上げられた銃でも特別な差が出せないのが不思議ですよね。
当たるようにする方法がまとまってきたらAPS-3にも手を加えていきます。  

Posted by ラスティネイル at 12:32Comments(0)理論・実験

2008年03月01日

実験専用銃




マルイ製固定スライドのデザートイーグルを使った実験専用銃です。
チャンバーやバレルの交換による違いを確かめるもので余計なものは省き交換を簡単にして、
SAのみにしてハンマーの打撃力も大きくしています。
フレームのチャンバー周りが大きく切り開かれているのは前に大型のチャンバーを試したため。
最近では使うことがなくなってしまいましたがジャンクから流用したものなので惜しくはないです。
実験に使ったバレル等の方が高いぐらいで。
高い命中率になっている時はこんなのでも撃っていて楽しいのですけれどね。  

Posted by ラスティネイル at 11:53Comments(0)理論・実験

2008年02月10日

カート式リボルバーの命中率




リボルバーは当たらないというのはトイガンでは常識のようになっています。
特にカート式は当たらないとされていて半分は事実でしょう。
シリンダーは毎回同じ位置で止まるのが難しくバレルとのズレで命中率が悪くなる。
そしてガスリボリバーはタンクからのガスルートの長さでパワーも出ないと。
パワーに関してはカート式でも十分に出ている物があるので設計の問題だと思います。
命中率に関してが本題ですね。

前にクラウン製エアリボルバーのパイソンをカスタムしていたことがあります。
昔のエアリボルバーとは出来が違い定価4300円するモデルでした。
ノーマルでは5mで13cmのグルーピングでしたが調整を繰り返すと4cm近くにまとまるようになりました。
当時はこんな物かなと思っていましたが。
最近になってコクサイやマルシンのカート式リボルバーの所有数が増えてきました。
インサート入りシリンダーでは当たらないのは当然だと思っていましたが、
貫通シリンダーでもノーマルでは全然当たらないですよね。
今になってクラウンのカスタムした物が命中率が高かったと驚くように。
おそらく、コクサイやマルシンのものも調整すればそれぐらいにはなるのでしょうけれどね。

クラウンの何が良かったかを考えるとやはりガタの多さだと思います。
シリンダーとカートはガタが多く、カートはシリンダーに一定の位置まで運ばれた後はバレルとノズルで固定されるような状態です。
シリンダーの精度は関係なくカートとバレルの接触面とバレルのBB弾入り口のみに気を配ればいいことになりますね。
今後カート式リボルバーを調整していくならこのようになるものを選んでいきたいです。

フルサイズカートのリボルバーはカートがバレルとノズルに対して位置が合っていれば段差が問題になったりはしません。
これだけでかなりのグルーピングになりますがやはりオートには劣る命中率です。
次に問題になってくるのはカートの個体差、更にいうとパッキンの話となってきます。
要するにリボルバーの問題というよりはカート式の問題ですね。
チャンバーパッキンを1つにというのが難しいだけにパッキンの個体差を減らすか、
個体差があっても命中率に悪影響がないものを考えていく必要がありそうです。

ところで、やはりABSの地のままのトイガンも良いですよね。
最近はみんなつや消しとそうでヒケも目立たず高級感があるのはいいのですが、
塗装は剥げるのが心配ですし、どの銃もつや消しではつまらないです。


  

Posted by ラスティネイル at 16:53Comments(6)理論・実験