QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
プロフィール
ラスティネイル
オーナーへメッセージ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2017年08月17日

ブレットプルーラー


ブレットプルーラーを購入しました。
実弾射撃もリローディングもしませんが、ダミーカートは結構な数を持っています。
メジャーな拳銃弾なら、ワンマガジン分か6発以上は大体。


まとめて買うとたまにこんな風に弾丸が薬莢に入りすぎていたり、完全に入ってしまっているものが混ざっていることが。
そんなときのため、欲しいもののわざわざ買うまではと言った感じでしたが、送料込みで2000円程度で出てたので入手。


パーツ構成は本体、チャック、ナットです。
チャックは色々な径に対応するため、一箇所が切られたOリングについています。



チャックがリムを固定するようになっています。


分解しなくても、後ろから入れられます。



ハンマーのように叩くと、弾丸が慣性で抜けます。
弾丸はテーパーになっている部分で受け止められるので、先端が潰れたりはしません。
机などでは案外力が必要で大きな音がします。
必要なのは加速度(本体が急激に止まるもの)なので、相手は重くて変形しないものが良いです。
鉄のブロックなどを叩くと簡単にいきます。


弾丸を入れ直しました。

ブレットプルーラーにはリローディング用のプレスを用いて引き抜くため、
弾丸をコレットチャックで掴むものもあります。
同じ弾種でたくさん抜くならそちらの方が楽でしょう。
コレットは弾の径の数だけ必要になります。
色々な弾種で数をやらない、リローディング道具を持っていないなどの場合は、
この慣性式の出番になりますね。  

Posted by ラスティネイル at 00:33Comments(4)アクセサリー実銃

2016年01月24日

黄銅薬莢



黄銅薬莢の10番を手に入れて、8番から76番まで揃いました。
左から8番、10番、12番、16番、20番、24番、28番、30番、36番、40番、76番です。
並べると少しずつしか変わらないので、違いが逆にわからない感じがします。
10番から36番までは長さが同じです。
11mmの軍用弾を改造した36番が基準で、村田銃に使おうと思ったら長くするわけにもいきませんしね。
現在使われているものと比べるとかなり長いので、そんなに長くする必要があるかもわかりませんが。
実際、同じ番手でも短いものも結構あります。

それぞれ差し込んでいける程度には径が違います。



76番はナガンリボルバーの薬莢とサイズが近いですが、
プライマーが違いますし、ケースがリムも含めて少し太いです。

次は4番を手に入れたら報告します。  

Posted by ラスティネイル at 02:35Comments(0)実銃

2015年04月04日

もぎ弾



ヤフオクで入手したもぎ弾です。
実物利用で、透明なシェルケースで中身が良く見えて雰囲気があります。
でも、大きく「もぎ弾」と書いてあります。
構造も良く見えてなかなか良い感じです。  

Posted by ラスティネイル at 22:29Comments(2)実銃

2015年02月26日

ベルダン型


モーゼル用のカートとクリップのセットを入手しました。
わざわざ日本軍のものです。
新しいカートの方が綺麗だし気軽に遊べて良かったのですが・・・クリップも付いてましたし。


弾が簡単に抜けないようにかしめてあります。


真ん中が出っ張っていて、穴が2つ開いたベルダン型。


ミスがあったのか穴が三つ。後から手作業で開けていたんですね。


真ん中の出っ張りに穴が開いていて、火が回りやすいようにか溝も削ってあります。
こんな形状にすることもあるんですね。手間がかかっています。
管打ちから進化したなら、むしろこれが自然なのかもしれません。
何か問題があって一般的ではないのでしょうけれど。

薬莢にこんなバラつきがあるものとは。
当時の日本に対する理解が深まった気がします。
残念ながら。  

Posted by ラスティネイル at 00:06Comments(0)実銃