QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
プロフィール
ラスティネイル
オーナーへメッセージ

2018年06月08日

土佐筒

土佐筒
今回は土佐筒です。
五日前に投稿した日野筒は非常に手間をかけましたが、現在までのアクセス数60と類を見ない不人気記事でした。
なかなか残念な気分になりましたが、火縄銃関連を続けていきます。
話を戻して土佐筒です。土佐筒はわりと人気がありますね。
土佐筒
土佐筒
土佐筒
土佐筒
土佐筒
特徴の一つは縦の鋲で止まったカラクリ。
なので、側面はすっきりしていて、上下には金具類があります。
まあ、普通の火縄銃でも上下は派手な飾りのものが多々ありますが。
外にバネはありませんが、火挟はカニの目でロックされるのがわかります。
土佐筒
目釘穴などの穴を補強する金具は花びら一枚一枚分かれていて手間がかかっています。
ただ、補強としての機能は少し疑問が残りますね。
土佐筒
土佐筒
土佐筒
表一角(丸くて上だけ平ら)の銃身です。
マズルの外側の角が大きく丸められている銃も土佐筒にはあります。
土佐筒
土佐筒
雨覆いは楔の代わりに縦のピンで固定されています。
土佐筒
尾栓の頭にある穴も縦です。
縦が余程好きなのでしょうか。
銘は土州住柳本喜平重義作です。
土佐筒
先キ六寸鋼入となっています。
銃口部は装填時に磨耗しやすいからか鋼になっているようです。
ただ、少し引っかいてみた感じでは硬さの違いはわかりませんでした。
切断して組織を確認するわけにもいかないですしね。
土佐筒
土佐筒
尾栓は山が大きめでテーパーです。
山が大きいと安心感がありますね。
土佐筒
土佐筒
上から刺さっている鋲を2本外せばカラクリが外せます。
カラクリだけで機能が完結しているので、木の収縮などの影響が少ないですね。
引き金の軸がカラクリの入るスペースにあると言うのも他に見ない特徴です。
土佐筒
土佐筒
鋲はテーパーにはなっておらず、抜け止めの出っ張りが付いています。
溝ではなく、実際に出っ張っています。
全周ではないのもまた不思議な感じ。
土佐筒
土佐筒
土佐筒
カラクリの作りは平カラクリのバネが内側のゼンマイになったようなものですが、
盗人金を動かすバネの押金が火挟の軸を固定する役割を持っています。
一つの部品で二役ですね。
土佐筒
土佐筒
土佐筒
土佐筒
押金は盗人金側を持ち上げて回して、スライドさせると外せます。
土佐筒
土佐筒
土佐筒
これで部品が全部外せます。
火挟の軸は固いので外しませんでしたが。
土佐筒
土佐筒
火挟の軸には上と書いてあって、抜いても向きを間違える心配が無さそうです。
火挟の本体は鉄製で、軸と貝口は真鍮です。盗人金も鉄なので磨耗には強そうですね。
貝口に開けた穴に本体の鉄部を通して固定しているらしく、貝口の内側に錆びている鉄が見えます。
土佐筒
地金はやはり後ろほど厚く、表側が広がったテーパーが付いています。
土佐筒
ゼンマイは一枚の板で出来ています。
一周目は火挟の軸に合わせた四角に巻き、一周目の外側の角を削って丸くしてから、
二周目以降を丸く巻いていっています。

以上、個性的な土佐筒でした。




同じカテゴリー(古式銃)の記事画像
実射可能でした
火薬入れの変更
火薬の量を増やしてみました。
ボアスコープを買いました
掃除の加減も難しい
スポーツの日に
同じカテゴリー(古式銃)の記事
 実射可能でした (2020-09-25 02:19)
 火薬入れの変更 (2020-09-21 02:00)
 火薬の量を増やしてみました。 (2020-09-06 02:17)
 ボアスコープを買いました (2020-08-22 02:32)
 掃除の加減も難しい (2020-08-02 01:03)
 スポーツの日に (2020-07-30 03:12)
Posted by ラスティネイル at 23:30│Comments(6)古式銃
この記事へのコメント
火縄銃も興味深いので、是非続けていただきたいものです。
マルゼンカート式エアコキルガーP08から始まり、腰を傷めてサバゲ引退後は銃の歴史のほうに興味を持ちました。
今回の土佐筒はまるで現役のような美しさですね。
また、アクションがかなり合理化されているのも面白いです。
これがもっと進化していったら、どんな近代的小銃になったか…想像するのが楽しみです。
Posted by 都内在住 at 2018年06月09日 07:20
コメントありがとうございます。
見てくださる方がいるとわかると続けていく気になりますね。
火縄銃はまず分解(特に尾栓)に手間取って写真撮影までなかなかいかないのですけど。

マルゼンのルガーとはベテランの方ですね。
綺麗なのは残念ながら磨かれているのと再仕上げの黒染めです。
当時の仕上げがどうだったのかはイマイチわからない部分もありますけどね。

お見かけしたことのあるお名前だと思ったら・・・鉄道模型のときの方でしょうか。
あれは外せるだけ部品を外したところで、ボイラー?が外せずにそのままになってしまっています。
Posted by ラスティネイルラスティネイル at 2018年06月10日 22:04
土佐筒、美しいです。時々見かける、銃床下部 (トリガーの前部分) の銀杏の葉を模った飾り金具は、土佐筒にある特徴なのでしょうか?それとも作者の特徴なのでしょうか。わかったらお教えください。
Posted by 紫華 at 2020年07月23日 11:25
確かに土佐筒以外では見かけないような気もしますが、そんなに数を見ているわけでもないのでわからないです。
Posted by ラスティネイルラスティネイル at 2020年07月25日 00:42
あと、管打ち古式銃ですが、銃床の左側(右ではなく)に、「火縄消し穴」のようなものがあります。もちろん「火縄通し孔」はありません。
これは何のための穴なのでしょうか。
おわかりでしたらお教えください。
Posted by 木村 誠 at 2020年07月25日 11:03
管打ちで穴というのはわかりませんね。
それは火縄銃に近い形の和銃の管打ちなのでしょうか。
雷管をつける位置が前の方にあったり、銃身に火皿のあった長さの出っ張りがあるものは火縄銃からの改造の可能性が高いので、
火縄通しの穴はなくても火縄消しはあってもおかしくないのですが。
Posted by ラスティネイルラスティネイル at 2020年07月26日 18:59
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。