QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
プロフィール
ラスティネイル
オーナーへメッセージ

2014年06月15日

太洋銃器


火縄銃のレプリカはデニックスなどの出来の悪い量産品のものと、出来は良いけど一品物らしきものをよく見かけます。
しかし、太洋銃器製のレプリカは量産品でありながら出来も良さそうなので気になっていました。
中古屋で見かけたので手に入れてみました。


まず、太洋銃器は空気銃などを作っていた実銃メーカーのようです。
ガス式の連発銃なども作っていたようです。
よく、大洋銃器と書かれていますので、検索では下手するとそちらの方がヒットします。


鉄製の銃身は非常に綺麗です。綺麗過ぎなくらいですね。
研削機で仕上げているのでしょう。


マズルは旋盤による別パーツでカタカタ言ってます。
形もイマイチなので取ってしまった方が見た目いいかもしれません。
照星も八角の方にありますし。
カルカは接着されています。


目釘とバンドが両方ありますが、実際はバンドで固定されていて目釘は飾り。
強いて言えば金具を固定する釘代わりでしょうか。


銃身はただの棒ですが安全対策で抉ってあります。
照門は裏からネジ止めです。

カタクリは結構良くできていますが、引き金がコイルスプリングが圧縮されるような音がします。
火挟はちゃんと松葉バネで動きます。
火挟は棒を曲げたりして、挟む部分は後付けのようです。


火蓋は三枚の板が組み合わさっています。
火蓋も火挟鋳造のほうが簡単そうですが、あまり設備投資はせずに作られたようです。
そういう意味では若干手作り感があります。
まあ、あくまで人が手間をかけてるというだけで機械は使っているのですが。
後ろのバンドの位置はちょっとおかしいですね。

基本的に出来はいいです。
工業的過ぎな部分やエッジの立ちすぎなどありますが基本的なデザインもまあまあ。
角を落としたり銃床を仕上げな直せばとても雰囲気が良くなりそうです。
銃身だけは手を加えるのが勿体無いぐらい綺麗ですね。
あと、銃身が棒なだけに非常に重いです。
薄いパイプのものでは味わえない重さでしょう。



同じカテゴリー(古式銃)の記事画像
穴照準の火縄銃
ペッパーボックス
管打ち式の和銃
ミニエー弾の鋳型
立体的な
エンフィールド騎兵銃
同じカテゴリー(古式銃)の記事
 穴照準の火縄銃 (2018-08-18 14:59)
 ペッパーボックス (2018-07-20 01:33)
 管打ち式の和銃 (2018-07-15 02:12)
 ミニエー弾の鋳型 (2018-07-12 00:33)
 立体的な (2018-07-07 16:58)
 エンフィールド騎兵銃 (2018-07-04 01:35)
Posted by ラスティネイル at 00:55│Comments(2)古式銃
この記事へのコメント
太洋銃器の火縄銃、スタイルは素晴らしいですが、
バンドが薄い板製なのがちょっと残念ですね。

ずっと馬上筒を求めているのですが、なかなか競り
勝てません^^;)。
Posted by 鍛冶屋 at 2014年06月15日 08:07
こんばんは。
確かにバンドは薄いですね。

馬上筒ですか。
生産数の割合はどんなものなのでしょうね。
こいつでも一般的な火縄銃と比べると短くて扱いやすいです。
Posted by ラスティネイルラスティネイル at 2014年06月15日 23:12
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。