QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
ラスティネイル
オーナーへメッセージ

2013年01月22日

ブルー?







修復しているエンフィールド小銃は刻印もあるイギリス製です。
しかし、何故か銃床に隠れている部分以外は塗装?仕上げです。
漆の部分は錆びてないので優秀ですが洋式銃として見た目がイマイチ。



上側が和風で下側がブルーイングです。
しかし、昔のものにしてはしっかり染まっていて完全に真っ黒。



オイルをつけたら少しぐらい青っぽくなるかなと期待してみましたが、変化無しでした。
当時からこんな色だったのか興味あるところです。

こういうようなものを載せてるので、教育委員会に登録された合法なものですと毎回書いた方がいいかもしれないと思う部分も。
誤解を受けやすいものは誤解されないようにするのも大事ですよね。
最初のときは一応登録証も載せましたが、誰しもそこまで見るわけでもないですし。




同じカテゴリー(古式銃)の記事画像
研究用に
古式銃の楽しみ
穴照準の火縄銃
ペッパーボックス
管打ち式の和銃
ミニエー弾の鋳型
同じカテゴリー(古式銃)の記事
 研究用に (2018-11-23 01:13)
 古式銃の楽しみ (2018-11-02 01:33)
 穴照準の火縄銃 (2018-08-18 14:59)
 ペッパーボックス (2018-07-20 01:33)
 管打ち式の和銃 (2018-07-15 02:12)
 ミニエー弾の鋳型 (2018-07-12 00:33)
Posted by ラスティネイル at 01:30│Comments(0)古式銃
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。