QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
プロフィール
ラスティネイル
オーナーへメッセージ

2022年07月24日

VFC MP5A4K

VFC MP5A4K
MP5K PDWは好きなのでVFC製のガスブロはいつかは買わないとと思っていました。
とはいえ、このサイズで下手するとフルサイズのG3より高いんですよね。
今回はふとしたことで入手しました。
手にした第一印象は”重い”ですね。
元々この銃は特別好きなわけではなかったのですが、10数年前にハードオフで5000円のマルイ製を買ってみたら、
小さく軽くいのにもかかわらずちゃんと長物として使える構成が気に入ったわけです。
でもって、VFC製は重い。
リアルなんでしょうけど金属モデルガンのUZIとかを持ったのと同じような気分になります。
フルサイズのMP5と比べて特別軽くもないうえに体積は小さいからずっしりと感じるんですね。
マルイ製はプラばかりでメカボックスやモーター、バッテリーが重いわけですが、
VFC製は割と前の方が重く、ガスタンクになっているマガジンの重さもあって重心位置がマルイとは違います。
そして剛性もマルイとは比較にならなく高いですね。
気になるのはグリップフレームがアッパーフレームに対してガタつく(ピン穴が大きい?)ことでしょうか。
フォアグリップも後部が本体のフレームの丸い溝に嵌まっているので前後方向は全くガタがありませんが、
首を振るようには動きますね。
剛性が高いのにピンと穴のガタで損をしている感じです。
トイガンとしてダメということは全然ないのですが、全体の剛性が高いのに勿体ない。
そういう点では同社のG3は気にならない感じですね。
ハンドガードは長いので前部がピンで固定されていても後部が捻じれますけど。
全般的なリアルさはガスガンの中では特別ですが、細かいところではやはり日本製のモデルガンほど気を使っていない気はしますね。

VFC MP5A4K
フレーム横のリブ先端にG3は隙間がありましたが、MP5Kは無いですね。

VFC MP5A4K
手前のVFC製は奥のマルイ製と違ってスイベルがフロントサイトベースについています。
フラッシュハイダーも合うものを入手しないと。

VFC MP5A4K
マガジン後部には残弾確認の穴が地味に再現されています。

VFC MP5A4K
完成度の高いPDWを入手したのでどうせ撃たない電動のマルイ製は手放しても良いような気もしますが、
それなりに気にっていたので一応手元には置いとこうかなと。
そんなに場所を取るわけではないですしね。
それどころかG3クルツもあるわけですが。

VFC MP5A4K
実物のマウントもちゃんと装着できました。

VFC MP5A4K
VFC MP5A4K
実はこのスコープはG3用100mごとのエレベーションではなく、2.5cm/100mなのでトイガンでも使いやすい。



同じカテゴリー(ガスガン)の記事画像
PDW
WE P90
MGC純正なのか
小改良
マルゼン MP5K
同じような構成
同じカテゴリー(ガスガン)の記事
 PDW (2022-08-12 21:58)
 WE P90 (2022-07-03 00:29)
 MGC純正なのか (2021-09-19 01:50)
 小改良 (2021-05-16 02:05)
 マルゼン MP5K (2021-03-20 02:30)
 同じような構成 (2021-03-07 01:47)
Posted by ラスティネイル at 01:32│Comments(2)ガスガン
この記事へのコメント
VFCのMP5は私がガスブロ長物教に改宗するきっかけだった1梃です。
初期品なので正直動きは…ですが、各部の作り込みが気に入り無発火モデルガンのように分解結合を楽しんでます。
ボルトキャリアはサイズや重さも気に入って文鎮用に1個調達、会社で使ってます。
機械部品のレプリカと言ってますが、たまに判るヤツもいてw
MP5K系も魅力を感じますが、なかなか予算面で。
眼福でした。
Posted by 都内在住 at 2022年07月24日 10:26
VFCのMP5はモデルガンとして見てもメカの再現性が高いですよね。
トリガーメカなんかは複雑なのを再現してるからバラしたくないほど。
スチールプレスのフレームはモデルガンでは使えないですし、これに勝てる再現度のモデルガンを作るのも大変そうです。

わかる人がいますか。
同社のMP5のボルトヘッドのキーホルダーも欲しいと思っていますが、あれもわかる人はわかるでしょうね。
そもそも実用品では無さそうですが。
Posted by ラスティネイルラスティネイル at 2022年07月24日 12:06
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。