QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
プロフィール
ラスティネイル
オーナーへメッセージ

2022年05月31日

地道な作業の末

地道な作業の末
エンフィールド銃の3バンドの潰れていたニップルを取り外せました。
前にプラグ(尾栓)は外せていたのですが、ニップルの先端が無くレンチかけ部分も欠けていたので取り外しに時間がかかりました。
錆で強固に固着していたので、欠けていた残りにしっかりかかるようなレンチを作ってもニップルがさらに欠け、
マイナス溝などを掘ってもやっぱり破損して取り外せず。
ニップルのネジ自体を削って除去するにも焼きが入っていて硬いので、ドリルも歯が立たずリューターで少しずつ穴を広げていってました。
リューターでも時間がかかって飽きるので、毎日風呂を沸かしている時間に少しずつ削っていました。
まあ、リューターで削っているのはこれだけでないのですが。
オネジの穴を広げてネジ山だけにしても、メネジに固着したネジ山が外せなかった(硬くて折れやすく、曲げて取り除きにくかった)ため。
インチタップまで買って、それを使ってようやく除去できました。
タップは一山最初にかみ合わせられたら結構上手くいきましたね。
これでまともな形状のニップルが取り付けられるので、あとは銃身内にブラシを通して錆を取れば射撃も可能な状態になりますね。
ただ、3バンドの39インチ(1メートル弱)銃身にブラシを通して錆を落とすのも非常に骨が折れる作業ですが。

今日は定時で帰ったのでたっぷり時間があり、ニップルの除去が終わった後は、先日買った5分玉(約6mm口径)の火縄銃の折れた尾栓外し。
購入時から尾栓の頭が無く、少し奥まったところで折れた状態です。
ネジの内径も7mmぐらいなのであまりとれる手段が無いです。
左ネジのタップを切って、ネジを入れて叩いたり回したりしながら取り外そうと、まずは1.5mmのドリルを通すとなかなか真っ直ぐ開いて満足。
ちょっとずつ広げようと2mmドリルと通して抜くときにあっさりと折れて・・・
抜くときに逆回転にさせちゃったんですよね。
ドリルもリーマーも逆回転だと抵抗は減るのですが、逃げキリコを噛んでしまいがちで本当はよくありません。
さて、ハイスのドリルを取り除かなければならないので、これも地道なリューターコースですね。
ハイスは超硬ビットでもダイヤモンドヤスリビットでも大して削れる感じがしませんが・・・



同じカテゴリー(古式銃)の記事画像
ブラウンベス?
あまりに軟らかく
和製ヤーゲル銃
土佐の鉄砲
バーナーで炙る
着剣ラグ
同じカテゴリー(古式銃)の記事
 ブラウンベス? (2022-09-14 23:12)
 あまりに軟らかく (2022-08-27 13:25)
 和製ヤーゲル銃 (2022-08-17 01:31)
 土佐の鉄砲 (2022-08-14 23:31)
 バーナーで炙る (2022-08-14 03:08)
 着剣ラグ (2022-08-07 14:14)
Posted by ラスティネイル at 01:08│Comments(2)古式銃
この記事へのコメント
お疲れ様です。
ただただ頭が下がります。
錆が回っていても、焼きの入った固さはやはり武器として造られたものであることを感じさせます。
Posted by 都内在住 at 2022年05月31日 12:24
古式銃の手入れは本当に武器として蘇りますからね。
前装銃は射手にしてみれば装填動作などで現代銃より怖いぐらいです。(笑)
Posted by ラスティネイルラスティネイル at 2022年05月31日 20:56
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。