QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
プロフィール
ラスティネイル
オーナーへメッセージ

2021年05月27日

気紛れもたまには役に立つ

気紛れもたまには役に立つ
ふと、気紛れにエンフィールド銃のトリガーガードを分解して中を見たいと思い立ち、
木ネジだから傷まないように慎重に外しました。
普段、掃除する必要もないし、傷みやすいから分解しないところです。

気紛れもたまには役に立つ
トリガーガードを外した銃床を見ると、前の方に用途のわからない半円の窪みと埋め込まれた金属板が見えます。
分解したのは2回目ですが、以前は気にしなかった部分です。
考えて見ると、火縄銃にあるカルカ用の穴の後端にある穴と雰囲気が似ている。

気紛れもたまには役に立つ
そしてこの銃はラムロッドがマズルより若干飛び出ているんですよね。
見た目としてイマイチで気にしてはいたのですが。
窪みに細いマイナスドライバーを入れてみると中が崩れていきました。
錆や木の細かい屑が出てきます。
なので中を崩していき、ラムロッドを押し込み、また中のものをかき出していきます。
前の画像はすでに出した後なので空間が開いています。

気紛れもたまには役に立つ
そして、ラムロッドが金属板に当たるようになりました。

気紛れもたまには役に立つ
銃口の方を見てみると、ラムロッドがちゃんとマズルより後ろにいます。
見て目も良いですし、燃焼ガスがマズルから横方向に噴き出たものに当たりにくくなりますね。
気紛れで分解して成果が出ました。
もしかすると、ここにゴミが溜まっている古式銃は多いのかもしれませんね。



同じカテゴリー(古式銃)の記事画像
銃身外れました
多分、良い買い物
まずは分解から
八分玉の伊予筒
大口径の管打ち式
材質を探る
同じカテゴリー(古式銃)の記事
 銃身外れました (2021-06-11 02:24)
 多分、良い買い物 (2021-06-08 01:38)
 まずは分解から (2021-06-05 02:36)
 八分玉の伊予筒 (2021-05-03 03:42)
 大口径の管打ち式 (2021-04-04 03:01)
 材質を探る (2021-03-21 02:20)
Posted by ラスティネイル at 01:54│Comments(0)古式銃
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。