QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
プロフィール
ラスティネイル
オーナーへメッセージ

2020年10月18日

P7用ドットサイトマウント

P7用ドットサイトマウント
P7用ドットサイトマウント
未仕上げですがMGCのP7M13用のドットサイトマウントを作りました。
P7のスクイズコッカー再現を目標にしていますが、
最近はトイガン関係の工作を全くやってないので、少しずつ再開していこうかと

P7用ドットサイトマウント
P7用ドットサイトマウント
ドクターサイトのレプリカですが、銃もサイトも本物はドイツ製と。
スライドに載せるドットサイトはスライドを削ってローマウントが好みなのですが、
その銃専用デザインのマウントというのも良いですよね、未加工で付きますし。
スライドも引きやすくなりました。
まあ、それでもデザイン上はもうちょっと低い方が良いのですが、
トイガンの構造的にこれぐらいになりました。




同じカテゴリー(カスタム・製作)の記事画像
手間をかけないため
VFC G3に木製ストック
旋盤加工
四ツ爪チャックを買いました
ハンドニブラー
マイクロフライス購入
同じカテゴリー(カスタム・製作)の記事
 手間をかけないため (2021-05-24 01:25)
 VFC G3に木製ストック (2019-05-19 01:51)
 旋盤加工 (2019-05-02 02:12)
 四ツ爪チャックを買いました (2019-02-16 01:04)
 ハンドニブラー (2018-08-05 02:39)
 マイクロフライス購入 (2016-04-24 01:32)
Posted by ラスティネイル at 02:07│Comments(2)カスタム・製作
この記事へのコメント
スライドとマウントのセレーションを合わせてあるのがセンス良いですね。
P7のスクイズコッカーもなかなかに面白いメカですが、他の採用の事例はほぼないという悲しさ。
グリップを握り続けるのに意外に力が必要と聞きますし、武人の蛮用に耐えないという評価だったのでしょうか。
しかし、この時代のH&Kはとがっておりました。
Posted by 都内在住 at 2020年10月18日 09:40
前にどこかで実銃用を見て、セレーションが気に入って作りました。
スクイズコッカーは一応握りきるとメインスプリングの力からは解放され、
単純にスクイズコッカーを戻すバネ圧だけのようですが、それなりに重いみたいですね。
操作するときに音が鳴るというのも大きな欠点に思えます。

H&Kに限らず今はどこのメーカーの銃も同じような感じになってきましたね。
新しいものについて行けてないだけという部分もあるでしょうけど、
昔ほどの個性はなかなかないですよね。
Posted by ラスティネイルラスティネイル at 2020年10月18日 14:34
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。