QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
プロフィール
ラスティネイル
オーナーへメッセージ

2020年05月24日

ミロクのハーパーズ・フェリー

ミロクのハーパーズ・フェリー
ミロクのハーパーズ・フェリー
ミロク製フリントロックピストルでハーパーズ・フェリーです。
ミロクはバリエーションで色々作っていたようですね。
リアルな複製というよりは、海外で撃つための安価なレプリカから実射機能を除いたというもののようですが。

ミロクのハーパーズ・フェリー
SAAとサイズを比較すると結構大きいです。

ミロクのハーパーズ・フェリー
ミロクのハーパーズ・フェリー
ミロクのハーパーズ・フェリー
プレートにはスプリングフィールドのワシのマークのようなものがあります。
ロックはハーフコックもフルコックもあり、テンションはしっかりあります。

ミロクのハーパーズ・フェリー
ミロクのハーパーズ・フェリー
ハンマーは厚い鉄板を切り抜いてちょっと付け加えたような単純な形。
まあ、全体的にそんな感じではありますが。

ミロクのハーパーズ・フェリー
ロックを外してみるとハンマーやシアをの回転軸を2点支持にして支えるための部品は省略されており、
シアスプリングもキックバネがプラスネジで止まっているというローコストな仕様です。
それでも作動は問題ないのですから実用上は良いコストダウンでしょうか。

ミロクのハーパーズ・フェリー
トリガーガードはネジはなく、横からピンで木部に留めてあります。
これも省力化でしょうか、実銃にもこういうタイプがあるのかは知りません。

ミロクのハーパーズ・フェリー
ロックの反対側のプレートには王冠マークが入っています。

ミロクのハーパーズ・フェリー
バレル後部にはシリアルナンバーが入っています。

ミロクのハーパーズ・フェリー
銃身は鉄製で少し奥まってから塞がっています。

ミロクのハーパーズ・フェリー
バレルはサイトが無く、タング部も一体です。

ミロクのハーパーズ・フェリー
ミロクのハーパーズ・フェリー
銃身の下には立派なラグが付いています。
ラムロッドはかなり細身ですね。

ミロクのハーパーズ・フェリー
ミロクのハーパーズ・フェリー
銃身はチャンバー部の下側が削り取られています。
タングはただの板が溶接されていますね。

ミロクのハーパーズ・フェリー
ミロクのハーパーズ・フェリー
ミロクのハーパーズ・フェリー
ラグ部分も鉄板で作られていて、ネジ止めされています。

形状は高級感がありませんが、変な形をしているというほどでもなく、
鉄製で仕上げも綺麗でカッチリと動くので、一般的なモデルガンとは違いますが、良く出来た製品だと思います。



同じカテゴリー(モデルガン)の記事画像
レーザークレー用散弾銃
HSc
USP
ブレットプルーラー
材質だけでなく
珍しいけどこれじゃない
同じカテゴリー(モデルガン)の記事
 レーザークレー用散弾銃 (2018-08-02 01:40)
 HSc (2018-05-18 00:02)
 USP (2017-12-30 18:51)
 ブレットプルーラー (2017-08-17 00:33)
 材質だけでなく (2017-01-26 00:41)
 珍しいけどこれじゃない (2016-04-21 06:45)
Posted by ラスティネイル at 02:40│Comments(4)モデルガン
この記事へのコメント
私が持っている銃のキックバネを抑えるネジはマイナスです。前の所有者が修理したものと思われます。またハンマーの回転軸を抑える部品も火打ち式銃ではもともとないと思われます。
Posted by 鉄吉 at 2020年05月26日 11:57
マイナスネジのもありますか。
それでしたらロットや機種によって違うのかもしれませんね。

私が今まで見てきたものはこの銃ぐらい時代が後の方のフリントロックは軸を支える部品があります。
パーカッションのものよりちょっと凝って飾り形状になっていたり。
無い銃もあるかもしれませんが、この場合はコストダウンではないでしょうか。
ミロクでもケンタッキーライフルでは、その部品のある画像を載せている人もいましたし。
Posted by ラスティネイルラスティネイル at 2020年05月27日 23:46
そうですね、以前私が持っていたフリントロック銃の写真を確認しましたがおっしゃる通りでした。
Posted by 鉄吉 at 2020年05月28日 14:00
お持ちだったのなら、よくご存知のはずですね。
Posted by ラスティネイルラスティネイル at 2020年05月29日 12:16
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。