QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
プロフィール
ラスティネイル
オーナーへメッセージ

2020年05月17日

ゲベール銃の分解整備

ゲベール銃の分解整備
以前に載せていた白磨きのゲベール銃を分解整備しました。
銃身を外すと裏は錆でまっ茶色でザラザラ。

ゲベール銃の分解整備
普段の錆は落として着色はそのままになる方法で錆を落としただけなので白くないですが、艶のある状態になっています。
白磨きでも錆びて磨いてを繰り返すと自然と黒くなっていくのです。
この銃は白くなるまで磨いても良いのですけどね。

ゲベール銃の分解整備
チャンバー裏には3本の太い線が並んでいる部分と5本の細い線が並んでいる部分があります。
下側にはプラグとバレルの位置を合わせる目印も。

ゲベール銃の分解整備
中ほどには錆で消えかかっていますが王冠マークの下に何かの刻印と、多分2の刻印とMの刻印があります。

ゲベール銃の分解整備
1のようなJのような刻印も。

ゲベール銃の分解整備
ニップル取付部の下には楕円の中に何かのスタンプがありますが、何だかわからないですね。

ゲベール銃の分解整備
銃身後部右側にも王冠の下にFのマークです。

ゲベール銃の分解整備
ゲベール銃の分解整備
プラグ左側には王冠の下にLF、右側には×印があります。

ゲベール銃の分解整備
ストックの銃身が収まるところにも3本線があります。

ゲベール銃の分解整備
ゲベール銃の分解整備
ロックを固定しているネジを外すのは大変でした。
T型のマイナスドライバーの柄にさらにレンチを差し込んで回しました。
ストックの木が収縮か穴の変形でかでネジが回らないのです。
ドライバーの幅が小さかったのでネジの溝がわずかに変形して「しまったところは反省点ですが、
これより大きなマイナスドライバーで、しかも力をかけて回せるものを見つけるのも大変です。
まあ、横に差したレンチで力いっぱい回したわけでもないですが、
頭も無事で軸も捩じり切れなかったので、材質もかなりしっかりしたネジだと言えます。
この後、ストックの穴は広げてネジがスムーズに入るようにしておきました。

ゲベール銃の分解整備
ゲベール銃の分解整備
前のネジの方が錆びているので大変でしたが、錆びてない後ろのネジも結構固かったです。
プレートを後に残っている金具はトリガーガードを固定するピンで、このプレートで抜けないようにしてあります。
プレートの入る窪みに2本線のマークがありますが、特に他のどれとも一致せず用途不明です。

ゲベール銃の分解整備
ゲベール銃の分解整備
錆びているネジはわかりませんが、軸にFの刻印と6本線の印があります。
真ん中の二本が交差していますが、どう読めばいいのかわからないですね。

ゲベール銃の分解整備
頭にもFの刻印があります。

ゲベール銃の分解整備
プレートの裏にもLのような印と、画像で右上に6本線の印があります。

ゲベール銃の分解整備
ゲベール銃の分解整備
ストックのロックが収まる部分にも6本線のマークがあります。
銃身とストックの組合せだけ3本線のマークみたいですね。

ゲベール銃の分解整備
ロックも外すと錆びていました。

ゲベール銃の分解整備
軽く錆を落とすとこんな感じです。

ゲベール銃の分解整備
ゲベール銃の分解整備
セーフティコックではエンフィールド銃と違ってわずかにハンマーが浮くだけなので、
雷管の取付はフルコックにする必要があります。
また、セーフティコックでも引き金を引けばハンマーは落ちるので、そんな安全な感じもしないです。
ハンマーは内側に段が付いていて、プレートの上端に当たってハンマーが止まるようになっています。

ゲベール銃の分解整備
フルコック状態です。

ゲベール銃の分解整備
ハンマー軸の部品にも王冠とFのマークが付いています。
短いネジ2本の頭には6本線の印が見えます。
もう2本は無いのか、軸の方なのか。

ゲベール銃の分解整備
ゲベール銃の分解整備
プレートにはDNの文字と王冠にFのマーク、さらにその前にFなのか他のマークの打ち損じみたいなものがあります。
プレート前側には1か逆さのLに見える刻印と6本線のマークです。

ゲベール銃の分解整備
メインスプリングは曲がっている部分だけ幅も厚みも大きく、応力集中で折れやすい部分だと認識してでしょうか。
内側は角があるのは応力集中が起こりやすそうであまり良くありませんが、
折れる時は外側からになるので、焼入れ時に割れなければあまり関係ないのかもしれません。

ネジも回るのでロックも完全分解してそれぞれの部品の刻印も見たい部分もありましたが、
バネが強力で苦労しそうなので不必要に分解するのはやめておきました。
ロックの奥まった手の触れない部分は他よりはっきり白いので、この銃は確かに最初から白磨きなのでしょうね。



同じカテゴリー(古式銃)の記事画像
未使用のカラクリ
射撃用に購入
外せるとわかれば
プラグも外れました
学研の
射撃後の掃除
同じカテゴリー(古式銃)の記事
 未使用のカラクリ (2020-07-04 02:55)
 射撃用に購入 (2020-06-26 01:08)
 外せるとわかれば (2020-05-10 07:09)
 プラグも外れました (2020-04-23 01:55)
 学研の (2020-04-19 00:48)
 射撃後の掃除 (2020-03-29 01:21)
Posted by ラスティネイル at 01:04│Comments(0)古式銃
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。