QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
プロフィール
ラスティネイル
オーナーへメッセージ

2020年04月19日

学研の

学研の
学研の
古い学研の学習の付録だという火縄銃の模型を入手してみました。
馬上筒の1/2スケールのようです。
カルカと火蓋が欠品です。

学研の
銃身のテープで蛭巻きになっているのが面白いのでどんなものか気になったのです。
火縄銃の銃身が巻張りだとわかりやすいですしね。

学研の
カラクリは内カラクリですが、火挟がカニ目でロックされるところが再現されています。
中身は実銃とは全然違いますけどね。

学研の
銃床はシノギ目や腕貫穴の金具がモールドだけありますね。

こんなサイズでも火縄銃の構成をしっかり再現した模型が作れれば、
火縄銃がどんなものか理解されやすいのかなと思いました。



同じカテゴリー(古式銃)の記事画像
火薬入れの変更
火薬の量を増やしてみました。
ボアスコープを買いました
掃除の加減も難しい
スポーツの日に
実射してきました
同じカテゴリー(古式銃)の記事
 火薬入れの変更 (2020-09-21 02:00)
 火薬の量を増やしてみました。 (2020-09-06 02:17)
 ボアスコープを買いました (2020-08-22 02:32)
 掃除の加減も難しい (2020-08-02 01:03)
 スポーツの日に (2020-07-30 03:12)
 実射してきました (2020-07-30 02:26)
Posted by ラスティネイル at 00:48│Comments(0)古式銃
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。