QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
プロフィール
ラスティネイル
オーナーへメッセージ

2019年11月21日

和製リンドナーカービン

和製リンドナーカービン
和製リンドナーカービン
確かではないですが和製ではないかと思っているリンドナーカービンです。
カービン銃なのでエンフィールド銃と比べ小さめ。
まあ、日本で洋式銃を作ると全体的に小さくなっている場合もあるので、ちゃんとしたリンドナーカービンをどこかで見てこないとですね。
ネジのなどの一部部品が作り直して修理されているのも銃の素性がわかりにくくなっている要因です。

和製リンドナーカービン
和製リンドナーカービン7
カラクリどころか銃全体に製造時の刻印が全くありません。

和製リンドナーカービン
和製リンドナーカービン
薬室前のリングを回転させると、バネで薬室の前側が持ち上がって弾と火薬が装填できます。
薬室より前から装填するので、パーカッションリボルバーと同様に考えると前装銃なのでしょうね。
それでも、手元で装填できるので通常の前装式ライフルと比べるとずっと楽な装填です。
前装銃から後装銃への過渡期のモデルなので、構造も間ぐらいです。

和製リンドナーカービン
和製リンドナーカービン
和製リンドナーカービン
和製リンドナーカービン
このリングは単に薬室が持ち上がらないようにするだけではなく、
後部の溝が薬室のフランジと噛み合います。
銃身とリングはネジ上に噛み合っており、閉じる方向に回すと前進するので、
薬室と銃身が密着して燃焼ガスが漏れないようになっています。
薬室後部の支点穴も、前後に動くため長穴です。

和製リンドナーカービン
壬申九百五埼玉県と彫ってあります。
製造時の刻印ではありませんが、埼玉付近で作られたのかもしれませんね。

和製リンドナーカービン
カラクリはよくできていますがバネのテンションが低いです。
シアスプリングなんて中にバネを足してありますね。
和製の鉄は焼きを入れると折れやすくてバネには向きませんので、
基本的に和銃は焼きが入っていないと思います。
でも、この銃は銃身とかの鉄質を見てると、鉄自体は輸入したものかもしれない感じはします。
専門外なのでよくわかりませんが。

和製リンドナーカービン
和製リンドナーカービン
上のエンフィールド銃のカラクリと比べるとちょっと小さいぐらいでしょうか。

和製リンドナーカービン
しかし、ロックプレートが非常に薄くて頼りないです。
火縄銃じゃないんだから・・・

和製リンドナーカービン
ハンマーを止めるネジは山が低くて出来はあまり良くありません。
これも和製のあまり強度の要らない部分のネジではよく見る感じです。
穴は真ん中に開いてないですしね。

和製リンドナーカービン
リアサイトはL型の切り替え式で、初期のオリジナルのリンドナーカービンと同じですが、これも薄すぎやしないかと。
これの止まってるストック上部をフタしてる金属もペラペラです。

和製リンドナーカービン
バットプレートもかなり薄いながら頑張った複雑な形をしています。

和製リンドナーカービン
でも上部のこの頼りない感じがまた和製でよく見るやつですね。

和製リンドナーカービン
和製リンドナーカービン
フロントサイトはアリ溝固定です。
ライフリングは4条で深いです。
山径が14.4mmで谷径が15.2mmと直径差0.8mmと驚きの深さ。
弾径はエンフィールド銃の14.66mmのはずですので、弾が発射ガスでだいぶ広がらない限りはスカスカの谷からガスが出ていきますね。
オリジナルのリンドナーカービンも画像で見ると結構深そうではあります。

全体的に洋式銃としては出来が粗末ですが、和製だとすると諸外国の技術を熱心に追いかけていたんだないう気がしますね。



同じカテゴリー(古式銃)の記事画像
火蓋は安全装置ではない
M1854
2丁目の穴照準の火縄銃
ゲベール銃
釣り人の象嵌の堺筒
刀傷?
同じカテゴリー(古式銃)の記事
 火蓋は安全装置ではない (2019-11-30 01:08)
 M1854 (2019-08-17 03:20)
 2丁目の穴照準の火縄銃 (2019-08-15 03:02)
 ゲベール銃 (2019-08-14 01:59)
 釣り人の象嵌の堺筒 (2019-08-12 04:08)
 刀傷? (2019-07-12 01:54)
Posted by ラスティネイル at 01:34│Comments(2)古式銃
この記事へのコメント
この薬室の構成は初めて拝見いたしました。
いちいち銃口から装填する手間もなく、画期的なものだったのがうかがえます。
工作精度の格段の向上が必要だったでしょうけれど。
それにしても、洋式銃を日本で模倣するときに小さくなるというのは、母の田舎の長野県望月の郷土館で見た村田銃を思い出します。
SS-5000のストックにSS-9000のアクションを載せたような、というのが正直な印象でした。
Posted by 都内在住 at 2019年11月21日 12:05
おはようございます。
確かに村田銃も小さいですね。
オリジナル設計なので単に小さめの銃ぐらいにしか思っていませんでしたが、
言われてみると当時は村田銃だけ小さかったわけではなかったのかもしれませんね。
Posted by ラスティネイルラスティネイル at 2019年11月22日 07:52
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。