QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
プロフィール
ラスティネイル
オーナーへメッセージ

2020年06月26日

射撃用に購入


射撃用に8mm口径の火縄銃を購入。
今撃てる状態の2丁は両方ともお気に入りの銃ですが、撃てば傷むのもわかっていますし、
希少な物な6mm口径も高級な作りの国友筒も勿体ないなと。
この銃はシンプルな銃でシカゴで15万+税で購入。
シカゴもたまに安いなというものもありますね。
まあ、火縄銃としてもっと安いのはありますが、撃てそうな状態で、しかも小口径となるとなかなか見つかりません。
銃身を磨いてみないと撃てるかどうかはわかりませんが。


一番右が今回の8mm口径、一番左が6mm、その次が10.5mm、残りが12mmです。
それなりに小さい感じであまり摩耗も見られないですね。


銃身後部を並べて画像を撮ってみました。
一番上の今回の銃は銃身が一番長いです。
銃身は内径が小さくて長いほど作りにくく、一番下の6mmは短めの銃身になっています。
この銃は口径が小さいのにわざわざやたらと長い銃身にしているわけですね。
標準より特別口径が大きいものや小さいものは偽物でなければ技術の高いものが多いように思います。
大きい方は偽物も多いですが。
ついでに、持ち手の長さも銃によって全然違うのがわかりますね。



雨覆も楔も溝からズレていてちゃんと嵌まらないのかと思ったら、
組みなおしたら素直に正しく付きました。
尾栓は以前に外そうとしたときのせいかネジレたり変形したりしています。
固着しているので簡単には外せないのかもしれません。
尾栓の後端が平面ではなく四角錐になっているのは珍しいですね。


火穴も広がっておらずそのまま使えそうな状態です。
火蓋がないので作らないといけませんが、それだけで安かったならいいかなと思っています。


銘もありますが下の方しか読めないです。

カラクリはシンプルな平カラクリです。
安物でもないけど、特別な高級品でもなく、射撃練習にはちょうどいいのではないかと思います。
銃身が長すぎて装填や掃除はやりにくいですね。
磨いてみて問題なく、当たりもすればメインの射撃銃にしたいところ。  

Posted by ラスティネイル at 01:08Comments(0)古式銃