QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
プロフィール
ラスティネイル
オーナーへメッセージ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2016年06月02日

部品取りから


WAのイングラムは2丁持っていまして、
片方は部品取り用に買ったものです。


サイトガードが折れていますが、直す気は全くありませんでした。
ジャンク扱いです。


ですが、綺麗なアッパーを手に入れてしまったので、
そのうち部品取りから一丁の完全品に扱いが変わりそうです。

WAのイングラムはキャッチコピーが有名ですが、
それは置いといて出来はかなりいいです。
作動性は好みもあると思いますが、
リアルさと壊れにくさでは近年出た某社のイングラムより優秀に思えます。
プレス外装のマガジンはリアルですし、分解でも変な引っかかりがありません。
ガス漏れしやすいのだけは難点でしょうか。
  
タグ :ガスガンWA

Posted by ラスティネイル at 01:46Comments(0)トイガン総合

2016年05月15日

ミニガン


買ってしまいました。アサヒファイアーアームズのM134です。
メーカーはバルカンと言ってましたが、バルカンは20mmの機関砲で、こちらはミニガンと呼ばれているかとが今では有名ですね。
10万円ちょいでしたので高額ではありますが、割安な感じでした。
古式銃なんて単発のデリンジャーでも同じぐらいしますし。
これは前の持ち主が法規制のため発射機能を殺していますが、初速を調整して復活させたいですね。
撃てるようにするだけで、調整が終わったら撃つことがあるか怪しいですけど。
トイテックのはバレルを回しながら6個のピストンをコッキングさせますが、
こちらは発射がガスなので負荷が少ないのではないかと思います。
どちらにしろ、一番の問題は給弾システムなのですけど。



フレームに対してバレルや本体が後退する反動の吸収機構も再現されてますが、
そこまで再現しなくても良かったのではないかと思います。


重いですが、短くて案外コンパクトです。

一度は持ってみたい憧れの銃なので買ってはみましたが、
スペースの問題でいつまでも持っているかは怪しいところです。  

Posted by ラスティネイル at 02:38Comments(0)ガスガン電動ガン

2016年05月02日

マルシンのマグナムシューター


記事にして喜ぶ人がいるかは疑問ですが、マルシン製のミニマグナムシューターです。
機種はトルネーダEVOです。
どこかで見たことのあるようなキャラクターですよね。
定価は1500円です。
ミニ四駆などと比べると高いですが、この複雑な機構の電動ガン?としては頑張っていたのではないでしょうか。


鉄砲の箱という感じではありませんね。



箱の裏側です。
下側はBB弾回収箱にできるよになっています。
まあ、ちりとりですけど。


このような状態で入っていて、メカボックスは組み立て済みです


組み立てるための説明書です。


メカボックスの組み立て方の説明書も入っています。

小さな紙も入っていて、各部の名称やモーターの選び方、構え方等の様々なことについて書いてあります。
子供用だからか取説類は非常に気合が入っています。
マルシンの取説の中でも一番の力作ではないでしょうか。


買ってきたモータに合うバネの位置を表を見ながら決めます。
もうちょっと回転数の高いのが良かったかもしれません。
飛距離に影響するみたいですから。


セーフティが組みにくい以外はスムーズに組めました。

左右はネジではなく、この部品で挟みます。ドライバー要らずですね。


完成です。シールもあるのですが、箱の絵だけでは貼る場所がわからないシールもあって・・・どうしましょう。
と思ったら、取説にちゃんとシールを貼る場所を示した部分がありますね。
見落としていました。

弾詰まりのときのための棒や、モーターの回転数が高すぎるときのためのトルクギヤもあります。
トルクギヤと言っても回転数を落とすのが目的で、トルクは上げる必要がないのではないかと思います。
せっかく高出力のモーターを用意しても、苦労してメカボックスを開けなければならないだけだと。  

Posted by ラスティネイル at 02:53Comments(4)トイガン総合電動ガン

2016年04月29日

ニップル外し


錆び付いて外せなかったニップルを外しました。
まずはアイロンに乗っけて加熱します。
バーナーを使うと150度以上だと焼入れがした硬度が下がっていく可能性があります。
まあ、実際は相応硬くしてあるものでなければそう簡単に軟らかくなりませんが。


ニップルにネジ外しの油をスプレーします。
冷却することにより隙間をつくってオイルを浸透させるタイプです。
隙間があるうちに回すわけではありません。
ついでに尾栓の方にも。
一度冷やしても銃身の熱で温まるので、何回かやっておきました。


レンチで回してニップルが取れました。


このレンチは真鍮の棒に旋盤で逃げの穴を開けてから、
一部をフライスで四角の穴にしました。
反対側はレンチのための平面を付けています。
真鍮なのでこちらは変形して馴染み、ニップルが変形しないで済みます。
ニップルがしっかり四角ならばそこまで気を使う必要もないのでしょうけど。


外したニップルのネジ部は山に幅のある丈夫そうなものでした。
山も谷も丸い形状です。
作るには専用の刃物が要りますね。


  

Posted by ラスティネイル at 01:41Comments(0)古式銃

2016年04月24日

マイクロフライス購入


プロクソンのマイクロフライステーブルを買いました。
XYテーブル無しで2万円以下でした。テーブル付きでも3万円あれば買えるようです。


ボール盤(ドリルではない刃物を付けっ放しですね)に取り付けていたテーブルを移します。




取り付けようとしたらネジが入らなかったので、
タップを切りなおしました。
タップハンドルが手元になかったのでドリルチャックです。


無事に取り付いたので、以前に作りかけていたベビーナンブのストライカーを加工することにしました。
純正の爪が折れてしまっていたものです。
真鍮で作っています。
ダミーカートモデルなので実際に雷管を叩きませんし、硬度も十分に軟らかいですし。


加工を始めたら、思ったよりサクサク削れて、穴が開きました・・・
中の穴が大きすぎたようです。
旋盤加工からやり直しです。
切削面はエンドミルのエッジが鋭いのでツールマークがしっかり残っていますが、
触ってみると結構滑らかでした。  

Posted by ラスティネイル at 01:32Comments(2)カスタム・製作

2016年04月21日

珍しいけどこれじゃない


MGCのルガー用スネイルマガジンは出来が良かったという話は良く聞くので、
モデルガンのルガーは持っていない(マルイのエアコキとタナカのP06だけ)のに、
モデルガン用のスネイルマガジンを買ってみました。
届いたのを見てみると


本体は鋳物製



レバーを回すと開きます。


開くだけで何も入っていませんが。


フタを固定する部品です。



結合部


実際に機能してのはこの部分だけです。


肉眼でも確認が難しいぐらい薄っすらとNAKATAとあります。
珍しいものに当たってしまいました。
出来は良くないですが・・・古いものですから仕方がないのですが。
ストックもナカタ製のようです。  

Posted by ラスティネイル at 06:45Comments(0)モデルガン

2016年04月18日

ラムロッド


この前は弾を抜くためのエジェクターロッドを作りましたが、
今回は弾を込めるためのラムロッドの先端を作りました。
欠品していて元の形状はわからないので、適当にですけど。




一応、Rはバレル側に似せておきました。


着色方法も考えないとですね。
わざと錆びさせて、擦って錆を落としながら茶色くしていけばいいのでしょうか。  

Posted by ラスティネイル at 01:37Comments(0)カスタム・製作古式銃

2016年04月08日

Wz63の分解と整備


Wz63を分解していきます。


まずはスライド後部の板バネを外します。
そうすると後部の部品も外せます。



小さなネジ4本を外すとピストンが取り出せます。
これぐらいなら動きますが、コバカップは傷んでいます。



スライドを後退させた状態で専用工具でバレルを正面から見て時計方向に回します。
この専用工具も持ち手が木でタナカの意気込みが感じられます。


シアを解放すればスライドが前方に抜けます。
フォアグリップやネジやピンをすべて外していけばトリガーメカは分解できます。
わかりにくいのが後部の方です。


ストック後端のネジを外します。



ストックが片側抜けるので根元の丸い部品を回します。
回しにくいですけどネジになっています。


そのネジになっている部品を外せばストックを両側外せます。


下側のネジ2本を外せばブローバックユニットが取り外せます。




バルブが上下に2つ並んでいて、下側がトリガーを引くと開放され、
上側はスライドの前進で開放されます。
上だけでも作動すると思いますが、
シアが折れてスライドがコックできなくなっても引き金を離せば止まるので、
シアが折れるこの銃には案外大事かもしれません。


この上のバルブが動かなくなると作動が上手くいかなくなります。
錆、固まったオイル、バリなどです。
オイルが固まっているだけなら一度拭き取って塗りなおすだけで済みますね。
粘度の低いオイルで洗い流してしまいましょう。




前進したピストンがユニット内のバルブを発射側からブローバックに切り替えます。
これがバルブにピストンが当たる個体とピストンを突き抜けたシャフトが当たる個体があるようです。
  
タグ :Wz63

Posted by ラスティネイル at 02:21Comments(2)カスタム・製作ガスガン

2016年04月03日

エジェクターロッドを作る


ハンズで買った軟鉄を細く削ります。
銃の素材と言えばクロモリですが実際の材料はわかりませんし、とりあえず。
やっぱり鉄というだけで削るのが大変ですね。
これは直径4.6mmの長さ55mmというアスペクト比12ほどなので、
どんな旋盤でもあまりやりたいものではありませんが。


切断します


太い部分にテーパーと丸みをつけます。


そして溝もつけて完成したのがこちら。



組み込んで使えることを確認しました。
本当はガタなくスムーズにしたいところでしたが、
本体側の穴が両端が広くなっている形状なので無理でした。
エジェクターを固定しているバネがあるのでガタガタというほどでもないのが救いです。
このエジェクターは携帯性を考えると割と邪魔なので、外されていたのもわかる気がします。
次は着色を考えなければ。  

Posted by ラスティネイル at 02:08Comments(0)カスタム・製作古式銃

2016年04月01日

ビクトリーショー3/27



遅くなりましたがビクトリーショーの出店は今回も無事に終わりました。
来てくださった方、お買い上げいただいた方、ありがとうございます。

G36用の実物スコープが16本用意して3本しか売れなかったのは予想外でした。
M4までとはいかなくても現用のアサルトライフルのものですから人気があるのではないかと思ったのですが。
マウントベースに直接着けれないのも良くなかったのでしょうか。
最初に3000円の状態の良くないのをあまり迷わず買った人がいて、
次に9000円の一番状態の良いものを買った人がいて両極端だと思っていたら、
三人目の人は覗き比べて7000円のを選んでいましたね。
安い方のが売れると思っていましたが、これも予想外に高い方のが売れたことになるのでしょうか。
3本じゃ統計にはなりませんが。

あとは家から出てきた軍票を持っていって多少は売れました。
Wz63は売れませんでしたが動かしていました。  

Posted by ラスティネイル at 01:34Comments(0)

2016年03月24日

鉄で作られた


鉄道模型を衝動買いしました。
初めての鉄道模型の購入です。
一番ゲージなので大きいです。
鉄で作られていて圧力で動くのは銃と同じですね。
モーターはそんなに魅力を感じないので電車も電動ガンもあまり興味がありません。


屋根がなくて状態が悪いジャンク品です。
もっと状態のいい完品を買った方がお買い得なのはわかっていたのですが、
ここで衝動買いしないと今後も鉄道模型は買わないだろうと思いましたし、
初心者がいじって傷ませてしまう可能性を考えるとジャンクがいいかなと。


車輪が錆びてたり

ネジがなかったり(メネジの下穴が大きすぎる)

曲がっていたり


分解するには片っ端から小さなネジを外していかないといけないようで、
時間があるときにしか出来ないです。
流石に分解は鉄砲のようにはいかないですね。

火を消すときは二酸化炭素の消火器を使うと良いとか聞くと実際に動かすのは大変そうです。
ガスで動かすようにでもしてしまいましょうか。  

Posted by ラスティネイル at 01:44Comments(2)

2016年03月20日

スコープの検品


今日は3/27のビクトリーショーで売るG36実物放出品スコープの検品といいますか、値段を付ける作業をしていました。
この画像は室内で蛍光灯を撮ったのでボケていますが正常なもの。
中には


ゴミがあったり


傷があったりするものがあります。


16本のうち4本は最初から正常なものとして購入して、品も問題なかったのですが、
他のは状態もまちまちですね。
ドイツ軍の納入価格は165ユーロ(約二万円)だそうですが、
今回3000~9000円で売っていくらぐらいのから売れていくのか予想は難しいですね。
店名はモノマニアでやっています。  

Posted by ラスティネイル at 02:47Comments(0)トイガン総合

2016年03月19日

Wz63用ピストンヘッド


ハンドルを作った旋盤を試しに使ってWz63用のピストンヘッドを製作しました。


元の緑色のピストンカップはドロドロに溶けていたので。




先の広がる測定器で内径を測って


旋盤で削り始めます。
綺麗な表面が削れているようで、何故か必ず縞模様が出来ます。
丁度1mm間隔で、偏芯している送りねじのリードと同じ。
偏芯で動きが固いとは思っていましたが、ここまで影響があるとは思いませんでした。


真ん中に雌ネジを切って、外形を段が出来るように削ります。


突っ切りで切断します。


長さが余っているのでもう一個。
撮り忘れましたが、切断した反対側の加工も行って完成です。


ベトベトのピストンカップを取り除いて、元の真鍮部品との間にOリングを挟んでピストンになります。

真円度が必要な部品なので旋盤があると役立ちますね。
真鍮ぐらいならサクサク削れて加工が簡単です。
これが鉄になると急に大変になるんですよね。  

Posted by ラスティネイル at 02:08Comments(4)カスタム・製作

2016年03月16日

旋盤の改良

前回、送りのハンドルの重さが嫌になって使うのをやめてしまった旋盤ですが、


3Dプリンタでひし形の部品と段付きの円筒部品を作りまして、

組み合わせて



装着。
ネジの軸から手で持つ部分までの距離が2.5倍となりました。
軸部品は一応旋盤で円筒度を上げて、ひし形の部品との間で回転するようにしました。
これで、重くて使う気にならなかったハンドルが、スムーズではないと感じる程度になりました。
2.5倍でも体感は全然違いますね。
今回は非常に簡易的でしたが、これだけでも使えるようになると確認できました。
本当は偏芯している部品をどうにかできるといいのですが。

次は何かを作ってみます。  

Posted by ラスティネイル at 01:44Comments(0)カスタム・製作

2016年03月12日

ビクトリーショーに

3/27のビクトリーショーに出店予定です。
5階なのは確かですが番号はまだ変わりそうな気がします。



イベントらしいものと言うことでお手軽な値段の実物パーツを持っていきます。
H&K G36用実物スコープです。
Hensoldt(ZEISS) 製で、マルイの次世代電動ガンのG36Kにはそのまま組み込めるとか。
14本持って行きますが状態に差があるので、値段は3000~9000円ぐらいでしょうか。
高い方のが売れる気があまりしませんけれど。
  

Posted by ラスティネイル at 22:59Comments(0)トイガン総合

2016年03月08日

旋盤を使おうとしてみた


買った旋盤で早速加工をしてみようと言うことで、
全長70mmぐらいのものを作るためにブランクを突っ切りバイトで100mmぐらいにするためセットします。


刃物台をこの位置まで持っていったところまで思いました。
ハンドルが重すぎてやってられないと。
何往復もさせて削っていこうとなんて思えない重さ。
しかも、偏芯していて、重かったり凄く重かったり。


そもそも、何でこんなにハンドルが小さいのか。
見た目はいいのですが。


裏返してみるとネジ四本でプラの部品を引っ張ってテンションをかけています。
これは調整しようもないですね。
そして鋳物は一体と思いきや2つのものが合わさっているのがわかります。


刃物台の方は隙間の調整できるドーブテールで問題ありません。

今日のところは、キリコを出さないまま終了です。  

Posted by ラスティネイル at 01:23Comments(2)

2016年03月07日

マガジン式のショットガン



電動ガンは撃ちませんがマガジン式のショットガンというのに興味があってAA-12を購入してみました。
最初は買う気がありませんでしたが、新品でも定価の6割強で買えるので試しても良いかなと。
格好良いとは全く思いませんが・・・どうせならスパス15とかにして欲しかったですね。
まあ、それはスペース的に無理なのでしょうけれど。
箱はかなり幅があり、中を開けてみると本体の高さが大きいので納得です。
どうでもいいことですが、本体を止めているマジックテープは目が細かいもので、
両面が使えるようになっているので、向きを考えなくていいのに感心しました。


銀色の部分は金属製なのですが、プラにメタリック塗装にしか見えないのはどうしたものでしょうか。
もしかすると、マルイ製ということで先入観があるのかもしれません。


マガジンはシェルが入るだけにやはり大きいです。
比較のシェルはマルゼン製なので小さいのですが。
写真を撮ろうと思ったら、実物ダミーカートは実家の方でした。
撃たないのでデザインだけの問題ですが、早くドラムマガジンも欲しいですね。



コッキングレバーは指をかけると回ってロックが解除・・・されないというか、ロックが付いていないですね。
で、ロックの代わりにレバーが回っても解除されないクリックがあるので変な感じです。
閉じるときもクリックがあるので変な感じです。
実銃はオープンボルトなので開いたままがリアルな射撃準備態勢でしょうか。
オープンボルトでもチャージングハンドルは前進していないといけませんが。
オープンボルトは電動には厳しいですね。
UZI、イングラム、トンプソンなど他にも出ていますね。
ハンマーの起きていないシングルアクションほどは違和感がないのが救いでしょうか。
あと、グリップで持ってると軋んでうるさいです。
特に早く動かさなくても鳴るので、最初は中で小さな部品が遊んでいる音かと思ってしまいました。



ボタンを押して可動する部品があるのですが、何なのか残念ながらわからないままです。

撃ってみてもないのにこういうのも変ですが、マルイさんは新ジャンルといえる製品を作るので、
業界を引っ張って行ってる気はしますね。
選択肢が増えたり、銃の性格を再現できるというのは歓迎すべきことです。
機能と性格の合う新機種によるバリエーション展開も頑張って欲しいところです。
  

Posted by ラスティネイル at 01:49Comments(2)電動ガン

2016年03月06日

旋盤購入


フライスが欲しいと言いながら何故か旋盤を購入しました。
フライスはちゃんと削れそうなのだと30kg台になりますからね。
このKS200は8.6kgと非常に軽量です。
しかも、モーターが占める割合が大きそうです。
ミニチュアみたいな感じですね。
鉄をガンガン削るような剛性も出力もないでしょうが、
サイズとしてはこれくらいあれば十分ですね。
主軸の貫通穴が10mmと言うのはちょっと厳しいですが。
小ささだけで選びましたが、値段も5万円台で買えました。

なぜか、こういうのについてくるのは完成バイトが多いですが、
チップ式のが手元にあるのでそれを使うことにします。
特に出力や剛性のないものは切れ味のいい刃物が重要ですから、
切れるチップを使って加工することにします。


実はこの白い部分しか剛性には関与していません。
軽いので鋳物部分の体積がないのは当然ですね。
とはいえ、これだけでも簡単には曲がらないはずです。


それより主軸がこんな感じで非常に頼りないです。
ちょっと長いものはセンターを使わないと駄目かもしれません。

でもって、センターが付いてくるのにドリルチャックは別売りでした。
ドリルチャックがないとセンタードリルでセンター穴を開けることも出来ないので、
早速店に行って買ってきました。


後継機のCompact3用になっています。
そちらは主軸系が立派になって、重さも13.5kgあるのでこちらを選びました。
本体の剛性は変わってなさそうですけどね。
ベルトもこちらが大きなOリングなのに対してVベルトと良くなっていますが、
Oリングは入手性を考えたときに全く不安がないのは良いですね。

そのうち、フライスも買うことにはなると思います。  

Posted by ラスティネイル at 02:06Comments(2)カスタム・製作

2016年02月27日

寄せ集め


部屋の整理のため多くの部品を放出中です。
今月に入ってからやっと部屋が片付いてきた気がします。

G3の部品も処分してしまおうということで寄せ集めで組んでいますが、
完全にはなかなか組み上がらないですね。
細かな部品を発掘しながらやっています。 
どうせなら撃てるように組むだけではなくて、G3A3とG3A4を組み上げたいところです。
チャンバー周りも足りないので、手元にあったカスタムパーツのチャンバーブロックを組み込もうとしましたが、
G3A3ではハンドガードがつかなくなり、G3A4ではフロントに配線が回せなくなるようです。
G3SG-1でしか使えないのですね。

ところで、マルイのSG-1セットトリガーもついてないので、ただのG3A3だと思うのですが、
マルイのに慣れているのでワイドハンドガードタイプのG3A3をSG-1とつい呼んでしまいますね。  

Posted by ラスティネイル at 01:58Comments(0)トイガン総合

2016年02月15日

ライフルらしい



マルイのエアコキM16の10歳以上用です。
かなり前の話ですが、ヤフオクで他の欲しいものがこれと一緒に出品されていたのを見つけ、
質問している時間もなかったのでとりあえず落札しました。
落札後にM16は不要だから出品者側でどうにかしてもらえないか聞いてみましたが、
引越しするところだから不可ということで手元に。

不要なのですが、ヤフオクで売るにしても送るのが手間で送料の方が高くなるようなものなので、
ずっとクローゼットの中にありました。
そんな銃でも構えてみると、久々にM16A1のシンプルな感じといいますか、
三角形のストックにライフル銃らしさを感じますね。
流石に古いエアコキなので剛性はありませんが撃てば当たりますし、マルイらしい製品です。
マルイ独自のコッキング用のフォアグリップも使いやすいですね。
UZIのは使ってると怖くなりましたが。

最近、小さなフライスが欲しいと思っています。
どうせならNCがいいですが、小さいものがなく置き場所が問題です。
NCでなくても出来る加工が多いですし手でやるのも楽しいのですが、便利さを一度知ってしまうとね。
値段も高くはなりますが最近は安くなってますし、治具が減らせれば必ずしも高いというわけではないです。
そして、結局は置き場のの問題になるわけですが・・・
さらに、フライスを見てるのに何故か旋盤を買う気になってしまったりも。
まあ、本職はお絵描きなので外注に出す方が確実で安上がりな気もしてしまいます。  

Posted by ラスティネイル at 01:38Comments(0)トイガン総合