QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
プロフィール
ラスティネイル
オーナーへメッセージ

2018年03月30日

メンテ中


購入してから半年以上は放置していたウィルソン銃をメンテ中です。
機関部作動として買ったこの銃はボルトが錆びて引けません。
全然動かせないわけですが、トリガーメカは作動したのと、ゲベール銃として売られていたのでよしとしました。
値段もエンフィールド銃したしね。

上のカバーが無いのは作らないとですが、この大きさの鉄を削るのは大変ですね。
海老尻銃なんて呼ばれているウィルソン銃ですが、この個体はT型のボルト後部です。
オリジナルなのかはわかりません。

ストックにW.H.とあるのと、三条のライフリングがあるので海外製なのは確かですけどね。



同じカテゴリー(古式銃)の記事画像
ペッパーボックス
管打ち式の和銃
ミニエー弾の鋳型
立体的な
エンフィールド騎兵銃
火縄銃の研究を
同じカテゴリー(古式銃)の記事
 ペッパーボックス (2018-07-20 01:33)
 管打ち式の和銃 (2018-07-15 02:12)
 ミニエー弾の鋳型 (2018-07-12 00:33)
 立体的な (2018-07-07 16:58)
 エンフィールド騎兵銃 (2018-07-04 01:35)
 火縄銃の研究を (2018-06-25 01:15)
Posted by ラスティネイル at 01:53│Comments(2)古式銃
この記事へのコメント
古式銃で思い出したんですけど村田銃ってその後どうなりましたか?
Posted by あ at 2018年04月03日 02:36
とりあえず出来上げっていますが、3Dプリンタで量産などはしませんでした。
3Dプリンタの品質は試作には役立つレベルが精々ですね。
少なくとも個人向けレベルでは精度、機械的性質、経年劣化のどれも大丈夫なものはありませんし。
Posted by ラスティネイルラスティネイル at 2018年04月04日 01:04
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。