QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
プロフィール
ラスティネイル
オーナーへメッセージ

2017年11月05日

一聲



象嵌は銃の価値とは関係ないとは言いますが、
象嵌が気に入って買うことも、気に入らなくて買わないこともありますね。
模様を入れているものよりは絵を入れている銃の方が好きで、
この銃の場合は珍しく文字が気に入って購入しました。
銃身に「一聲」と入っています。
読みは「ひとこえ」なのか「いっせい」なのかわかりませんが、
銃の象嵌としてはなかなか面白いのではないかと思います。
銃自体は標準サイズで口径10mmの普通の銃です。
作りは良いですけどね。
射撃に使えそうな一丁です。



残念なことの銃床の後部が別な木で修復されています。
木の質が違うので目立つのは気になりますが、
釘や接着剤ではなく、アリ溝で結合されているのは職人技でしょうか。




タグ :古式銃

同じカテゴリー(古式銃)の記事画像
3分玉の射的筒
ウェストリー・リチャーズ騎兵銃 分解編
ウェストリー・リチャーズ騎兵銃
後装填コレクション
エンフィールド銃比較
薩摩筒
同じカテゴリー(古式銃)の記事
 3分玉の射的筒 (2017-12-16 20:19)
 ウェストリー・リチャーズ騎兵銃 分解編 (2017-12-02 22:05)
 ウェストリー・リチャーズ騎兵銃 (2017-12-02 15:14)
 後装填コレクション (2017-07-15 21:08)
 エンフィールド銃比較 (2017-05-06 22:39)
 薩摩筒 (2016-12-10 22:31)
Posted by ラスティネイル at 01:27│Comments(0)古式銃
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。