QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
プロフィール
ラスティネイル
オーナーへメッセージ

2014年07月22日

錆びないように



久々に脇差の油を塗りなおしていました。
三ヶ月ごとぐらいにしかやりませんが、油も残っていて問題なかったですね。
湿気の多い時期はちょっと心配になります。
油はたくさん塗れば錆びにくいようにも思えますが、白鞘に油が染込んでは通気が悪くなりますよね。
はばきで刀身と鞘が触れないように固定されているらしいですけどね。



脇差は何本か遊びで買いましたが、今残っているのは最初に買った錆びているものと、画像のものだけ。
鍛え傷?が非常に多くて価値のないもののはずですが、何回か砥がれているようです。
刃の部分には傷はないのが救いでしょうか。
一度錆びさせてしまったら何万も出して研ぎに出す気にはなれないですね。
購入が一万円ですし。それだけに、今は研がれた状態であるのが凄いことに思えます。


最近、金属製のP38が欲しくて、MGCのP38ミリタリーを買おうか悩んでます。
P38は好きですし、相場も古さや数を考えれば高くはないと思ってます。
でも、結局のところ出来は当時なりですからね。
もしかすると当時の中では出来が良いかもしれませんが。



タグ :脇差日本刀

同じカテゴリー(古式銃)の記事画像
ペッパーボックス
管打ち式の和銃
ミニエー弾の鋳型
立体的な
エンフィールド騎兵銃
火縄銃の研究を
同じカテゴリー(古式銃)の記事
 ペッパーボックス (2018-07-20 01:33)
 管打ち式の和銃 (2018-07-15 02:12)
 ミニエー弾の鋳型 (2018-07-12 00:33)
 立体的な (2018-07-07 16:58)
 エンフィールド騎兵銃 (2018-07-04 01:35)
 火縄銃の研究を (2018-06-25 01:15)
Posted by ラスティネイル at 01:20│Comments(0)古式銃
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。