QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
プロフィール
ラスティネイル
オーナーへメッセージ

2008年09月27日

とっておきの

最近は検索ワードでミニチュアガンがずっと一位です。
前までゴム鉄砲がダントツだったのですが、不思議なものです。
というわけで今回はとっておきの一丁を紹介します。



オーストリア製のXYTHOSです。
グリップにはXYTHOSとAUTOMATICと入っています。
ザイソスやサイソスと読むみたいですね。
本体は真鍮製でメッキがしてあるのですがこの個体はボロボロです。

サイズ比較は50AEの空薬莢と並べてみました。



わかりにくいですね。
シリンダーの径が10mmなので薬莢内には簡単に入るでしょう。



ハイスタンダード社のミニリボルバーと比べてもかなり小さいですがやはりわかりにくいでしょうか。



こんなケースに入っていいます。



シリンダーの軸がネジになっていて、外すと中折れとなっています。
シリンダーに見える部分全体がチャンバーではなく、前後に分かれています。
2mmピンファイヤーの空砲(ブランク)六連発となっていて、開いている穴の一つはシリンダーの後ろ側からピンが入り回転が伝わります。
そのため七つの穴が開いているのです。
また、穴の横に溝があってピンファイヤーのピンが出るようになっているのですが、穴の一つには溝がありません。
どのみち、ハンマーのある部分は弾を入れられないのですが。
ハンマーは上からピンを叩きますが、ピンファイヤーはどれもそうですね。



もともとマズルも貫通していたのですが、金属でピンファイヤーということで空砲とはいえ発禁になりました。
これはその後にマズルを塞ぎ、フレームとバレルの間から上にガスが逃げるようにして合法的に販売再開された後のものです。
ただ、カートリッジはそのまま販売禁止となりました。
発禁後もカートリッジを売って逮捕された店もあるようですけれど。

今は輸入されていないようですが、海外では販売されています。
ほとんどの部品はプレスなので値段もあまり高くはありませんね。
それでもトイガンというよりはアクセサリーのような部分もあるようですし、パテントもとってあるようです。
マズルにアタッチメントをつけるとフレアーガンにもなるようです。
2mmピンファイヤーをプライマーとして発火ということですね。

http://jp.youtube.com/watch?v=l_TeYqvpk-A&feature=related
youtubeにこれの撃っている動画があったので載せておきます。





同じカテゴリー(ミニチュアガン)の記事画像
水平二連の散弾銃
ミニチュアPPK
ロス・ステアー
ミニチュアM1934
三連発
おまけ
同じカテゴリー(ミニチュアガン)の記事
 水平二連の散弾銃 (2016-06-12 02:11)
 ミニチュアPPK (2015-05-10 01:32)
 ロス・ステアー (2015-05-06 01:46)
 ミニチュアM1934 (2008-08-17 21:26)
 三連発 (2008-03-17 22:39)
 おまけ (2008-03-12 13:14)
Posted by ラスティネイル at 23:31│Comments(0)ミニチュアガン
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。