QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
プロフィール
ラスティネイル
オーナーへメッセージ

2012年03月18日

マルゼンM9






随分と更新をサボってしまいましたが、エスコートと同時に買ったマルゼンのベレッタです。
当時マルゼンが出していたカート式のエアコッキングですね。
残念ながらリアサイトがありません。





古いものなので見た目も性能もイマイチ。
スライドやフレームはモナカではありませんがスライドの前後は別パーツですし。
セフティも別パーツの接着のようです。
あとは小物パーツは金属のものが多いですね。
スライドストップがセフティになっています。
マルゼンのこのシリーズは古くなっているか、今は壊れやすいイメージがあるのであまり動かしたくないですね。





この銃の面白いところはマガジン上部です。
別パーツで縮むようになっています。
アップの画像は縮めた状態で台に押し付けて撮影しています。
おそらく、シリンダーの邪魔をしないようにスライド前進時は引っ込むようになっているのかと。
その割りにリップ形状は無駄に上に出っ張っていますが、シリンダーの大きさと給弾のスムーズさを両立させるための工夫ではないでしょうか。

25日のビクトリーショーに出店いたします。
ただ、残念なことに外せない用事が入ってしまったため2時ぐらいまでとなりそうです。





同じカテゴリー(エアコッキング)の記事画像
P7M13
USP
ソーコム Mk23
折れたかなと
グンゼの真鍮カート
懐かしいショットガン
同じカテゴリー(エアコッキング)の記事
 P7M13 (2017-06-17 20:13)
 USP (2017-06-14 23:23)
 ソーコム Mk23 (2017-06-07 00:43)
 折れたかなと (2017-03-07 23:44)
 グンゼの真鍮カート (2015-07-14 01:28)
 懐かしいショットガン (2015-06-10 00:34)
Posted by ラスティネイル at 00:25│Comments(2)エアコッキング
この記事へのコメント
うちのマルゼンP226は現役ですぜ。

この時期のマルゼンM92は数少ないM92エアガンでしたね。
マルゼンカート式コッキングの後期モデルなのでこれでも外観等はずいぶん良い方です。
1作ごとにいろいろ工夫してきているのが見て取れます。効果が疑問な物も多々ありますけどね。(マルゼンもけっこうチャレンジ精神があります)
マガジン上部は同シリーズでも類似機構はとっていないはず・・・。
(私の周囲だとM92以外はこのシリーズのユーザーがいたんですけど、確かどのガンにもこういう機構はなかったはず・・・。)

M92やS&Wオートのセフティは、コッキング式全般ではけっこうな鬼門で。
スライド内にシリンダを入れるとどうしてもライブに出来なくなる。マルシンはグリップ内でうまく逃げましたけどね。
Posted by ヤクト at 2012年03月18日 22:48
P226は丈夫なのでしょうか。

スタイルはシリーズの中で良いと思うのですが細かいところはあまり変らないような。
M59(のマガジン)とP7、ガバメントは持っていますがマガジン上部はこうはなっていないですね。

スライドのセフティはガスブロですら難しいところですね。
アオシマのデザートイーグルは両側ライブだったような。
マルシンのP38はシリンダーがものすごく小さくなっていましたが一応弾が出ましたね。
Posted by ラスティネイルラスティネイル at 2012年03月19日 01:06
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。