QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
プロフィール
ラスティネイル
オーナーへメッセージ

2012年02月22日

エンフィールド小銃の修復1



ハンマースクリューをマイナスのものにしてみました。
やっぱりプラスネジと比べると断然良いですね。

次はニップルと尾栓ですが難易度が高そうです。
ロッドも入手は簡単そうではありませんし。





同じカテゴリー(古式銃)の記事画像
ペッパーボックス
管打ち式の和銃
ミニエー弾の鋳型
立体的な
エンフィールド騎兵銃
火縄銃の研究を
同じカテゴリー(古式銃)の記事
 ペッパーボックス (2018-07-20 01:33)
 管打ち式の和銃 (2018-07-15 02:12)
 ミニエー弾の鋳型 (2018-07-12 00:33)
 立体的な (2018-07-07 16:58)
 エンフィールド騎兵銃 (2018-07-04 01:35)
 火縄銃の研究を (2018-06-25 01:15)
Posted by ラスティネイル at 22:14│Comments(2)古式銃
この記事へのコメント
断然、マイナスネジの方がシャープですな。

ニップルの孔って、かなり小径な印象がありますが、ピンバイスで何とかなりそうなサイズなんでしょうか?
この部分の焼きは甘いのではないかと思っているのですが・・・。

5万の無稼働古銃は微妙ですねえ。国外から持ち込まれた物なのでしょうが・・・。

まあ、実銃以上の額を出して、模した玩具銃を嬉々として入手している日本のマニアって海外からは同じように見られているのかもしれませんけどね。
Posted by ヤクト at 2012年02月24日 22:03
ニップルは奥の方は1mmないぐらいですね。
吹き戻しも危ないですし。
穴の問題ではなく、上部分が潰れてかなり短くなっています。
もともと撃っていると詰まるので射撃中でも取り替えるぐらいの物ですから、
交換するのがいいもののネジが固着しています。

観賞用なら無可動の方が気を使わなくて良いですけどね。
完全に観賞用としてしか欲しいと思わない人はわずかでしょう。
まあ、その観賞用としての見た目すら悪くなっているとなると、古式銃で買える機種のメリットは値段ぐらいでしょうか。
Posted by ラスティネイル at 2012年02月26日 01:42
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。